坊主の次はルドラで50UPリベンジ@琵琶湖バス釣り 2017年4月2日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

坊主の次はルドラで50UPリベンジ@琵琶湖バス釣り 2017年4月2日

      2017/06/09

どーも。今日も忘れず夜の琵琶湖へ出勤のykです。

現地着は20時。

 

今年はやっぱりなんといってもルドラにこだわりたい。

よく釣れる春の定番ルアーがいくらでもあるのは知ってるし、釣れてるパターンだって巻物系(特にスコーンやバイブレーション)ってのも存じ上げてる。

ルアーをピタッと止めたとき、不意にギューンと持っていくあの「静から動」がたまらなく楽しい。

 

ってことで今日はルドラ1本勝負。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーエスピー ルドラ 130 サスペンド OSP RUDRA 130SP 【2】
価格:2052円(税込、送料別) (2017/3/24時点)

 

 

一昨日から昨日にかけて降った雨。

影響がないなんてことはありえんでしょと、スローな展開をしてみる。

シャローのお魚さんのご機嫌をうかがうようにポンプリトリーブからの「長くね?」ってくらいのロングポーズ。

風も吹いたと思うんで、水温、特に表層水温は下がっただろうってことで、早いルアーを追えるほど活性が高い魚は皆無と思いスローにスローにやるも。。。

 

答えは「無」でした。

 

場所をシャローエリアから少し移動し、ブレイクとハンプ(隆起)した砂地・枯れウィードが残るエリアに変え、ポンプリトリーブからのロングポーズ。

 

こちらも「無」

 

開始早々で早くも昨日のノーフィッシュデイゲームが思い出される(笑)

 

折れそうになる気持ちを必死で支え、表層水温が下がった(俺の勝手な考えですが)んなら、ボトム付近まで、魚は落ちてるだろうと、ジャーク&ポーズに変更。

 

ジャーク&ポーズをして、そろそろウィードに触るかなくらいでロングポーズ。

そのままジャークを繰り返すとさらにレンジが下がってしまい、ウィードを拾っちゃってリズムが狂うので、ポンプリトリーブを2回ほどやり、少しレンジを上げて、またジャーク&ポーズ。

 

これを繰り返すこと数投目、ギュイーンとくわえて走る系のバイト。

 

巻き合わせの時点でデカいのがわかる(笑)

 

やったりました56cm。

 

ちゃんと測れてないけど(笑)小さく見積もって56はある。

もうちょいで60up、、、おしいなあ。

 

その後、同じメソッドで

30もないなぁ(笑)

 

40ちょいかな。

 

を、追加して速め納竿。

雨の前は傷だらけのオスがメインだったけど、今日のバスは小さくても綺麗で元気がよかった。

雨で魚が入れ替わったってことかな。タイミングかな?

タックルデータ

ロッド:メジャークラフト BENKEI BIC-69MH

リール:アブガルシア REVO ELITE CB

ライン:Machinegun Cast ナイロン14LB

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●メジャークラフト ベンケイ BIC-69MH ベイトモデル (1ピース)
価格:10098円(税込、送料無料) (2017/3/24時点)

 

 

 - 釣行記2017年4月

Translate »