琵琶湖オカッパリ:状況変化激しく撃沈 2017年4月14日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

琵琶湖オカッパリ:状況変化激しく撃沈 2017年4月14日

      2017/09/11

どーも。ykです。

さて、これを書いてる今は4月15日で昼も釣りに行きましたが(笑)、14日の夜釣りのことを書いちゃいます。

坊主やっちゃいました(笑)

短時間釣行でしたが、トラブルあり、涙ありです。
まぁ、ただ俺が悪いだけなんですけどね。

自然をなめてると琵琶湖は牙をむきます

14日は定時に仕事を終え、そそくさと釣り場である琵琶湖南湖へ向かいました。
釣行直前に楽しみにしていたルドラ130SPを釣具屋で仕入れて行ったわけですよ。

こういう時はいつも自分に「落ち着け、楽しみなのはわかるけど魚は逃げない」と言い聞かせつつ(笑)釣りに行くんですが、この日は久しぶりの釣りってことで(3日ぶりですが)ウキウキがとまりませんでした。
なんたって釣りキチですから。

釣り場へ着き、早速ルドラをリグってキャスト開始です。

2千円もするルアーですから、そりゃもういつもなら大事に行くわけですよ。
1投目は軽くキャストし、ラインを水で濡らして、2投目からが本チャンです。

1投目のラインを水で濡らす作業は完璧でした。
我ながら3日空いたブランクを感じさせないと思いましたわ(笑)

2投目、フルキャスト。

後ろには岩やら、木やらがあるんで気を付けたつもりだったんです。
でも、遠くにぶん投げてドデカいやつをやっつけたかったんです。

ルアーが後ろの岩に少しだけ触れました。

カシュって。

50mは投げる勢いで振ったロッド。夜なのに目視できるくらい目の前に落ちたルアー。10mくらい?しか飛んでない。
岩にあたってしまったからかな~、なんて思いながらもう一発投げるために回収してみたんですが、ルアーが異様に軽い。
暗がりで見えるルアーがやたらちっさいけど。

手に取って愕然としました。

ルドラの頭だけがぶら下がってる(笑)

130mmあるボディが30mmくらいしかない。
ハリすらないから釣れるわけない(笑)

もうね、すぐ帰りましたよ(笑)

「なんじゃこりゃ」「やってられるか!」って声出ちゃったし。
※お隣にいた方、急に大声出してごめんなさい。

で、帰りにもう一回釣具屋に寄って、買いなおしました。

釣りが好きすぎて、琵琶湖のオカッパリに魅了されすぎるとこうなりますので、、

自然をなめちゃいかん。気をつけなはれや!

。。。ドンマイおれ。

買ったばっかりのルアーが1投目でキャスト切れって経験はあるけど、なんかそれより悔しいな。。

応援よろしくお願いします

バス釣りランキングへ

 - 釣行記2017年4月

Translate »