デイゲームでいろいろ試すが、成功ではないなぁ@琵琶湖バス釣り 2017年5月20日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

デイゲームでいろいろ試すが、成功ではないなぁ@琵琶湖バス釣り 2017年5月20日

      2017/06/12

どーも。ykです。

さぁデイゲームです。

 

朝一は南湖西岸

とりあえず、朝一のプライムタイムは自分が一番よく知ってる場所でやるべきでしょってことで、南湖西岸へ。

 

魚も産卵で消耗してるでしょうが、朝一くらいは気合入ってるだろと、俺も気合で起きましたよ、AM4時30分に!
すでに明るいし(笑)

 

夜が明けるの早すぎだろ。

 

できたら暗いうちからフィールドに立ちたかった。

 

で、南湖西岸のポイントへ到着。

 

まぁ~人だらけ(笑)
皆さんも確実に自分のポイントに入りたかったら前日入りするくらい気合入れないと入れないっすよ(笑)

 

ってことで、目的の場所に入れず移動。

2か所目は何回か釣りをしたことあるくらいのレベルの場所。

 

地形なんかもある程度おさえてるので、シャローが隣接した2mくらいのウィードフラットエリア。

 

ウィードの濃い、薄いがあるはずだから、濃い場所がまんまストラクチャー代わりになるだろと考え、少しバイブレーションを投げてウィードの伸び具合を確認。

 

バイブレーションで食わないってことくらいはわかってる。アフターはゆっくりじゃないと食わないのがセオリーでしょ?

何使うか迷いましたが、ここぞのヤマセンコー投入。

 

4inをノーシンカーで、丁寧に丁寧にずる引き。ウィードがもっさりポイントでストップ。見せて見せて。。。パクッ。

 

食い方が非常にナイーブ。

口が小さくて、お上品な40あるなし。

その後、打ち止め(笑)

 

バイトは何度かありましたが、めっちゃショートバイトで乗らず。

 

そこから見える範囲にはたくさんのバスボートの方々。
おかっぱりでは届きませんが、見える範囲でちょこちょこ釣ってました。
よく釣ってたのは2艇いて、一人はラバージグ、もう一人はライトリグ、たぶんスモラバかなんか。

 

おれもボートで何度か入ったエリア。ポコポコと釣ってましたが、その場所はウィードフラットですが、沖には少しハンプしたところがあり、ウィードが生え始めるのが早いと思うんですが、その辺で釣ってましたね。

 

やっぱりキモはウィードとかのストラクチャーなんでしょうね。

 

記録的なバスを釣りました。ダメな意味で(笑)これ、スイムベイトじゃないっすよ(笑)

こんなん釣れたんで移動。

 

反応がなくなったので南湖東岸へ

ほんと東岸は相性悪い。
ライトリグも上手いことできない(笑)
まったく釣れない(笑)
バイトすらない(笑)

ってことで、即大移動。

 

北湖東岸へプリを探しに

久しぶりの東岸ロックエリアへ。

しかし、皆さん考えることは同じらしく、プリを探しに来てたんでしょう。

こっちも人だらけ(笑)

 

どうしても入りたかったとこには入れず、入ったことないとこに行ってみましたが、何も起きるわけもなく昼を迎えました。

 

5時ころから釣り始めてるんでこの時点で7時間釣行(笑)

 

飯も食ったんで眠くて眠くて(笑)

あちこち走り回り、ポイントには入れずあまり釣りできなかったんですが、釣りしてる方に何人か声をかけ釣果を聞きましたが、「釣れた」って人にはあたらず、皆さんその時点で坊主とのこと(笑)
琵琶湖に魚おらんのか?(笑)

 

帰ってきたぞ、南湖西岸

やっぱり南湖西岸は落ち着く。コンビニいっぱいあるし(笑)

あちこち走り回ったせいで、4時。
入りたかった場所へ行くも先行者あり入れず(笑)

さらにあちこち走り回り、結局朝一に40あるなしを釣ったポイントへ入り直し。

粘りに粘って30あるなし(笑)

これもヤマセンコー4inのノーシンカー。
ここからバイトはあるが乗せれないシーズン2に突入してしまい、最後まで魚に遊ばれ、日没にて終了(笑)

 

数少ない、釣れた魚からの情報では、鍵はウィード

 

たぶん寄り添うようにウィードについてる。近くにシャローがあればなお良し。

シェイク系で動かすと食わない。ずる引き、ストップして我慢する。

船の人は釣れてたんで、南湖にも当然釣れる魚はいます。

ただ、船で釣ってた人はストラクチャーがあるのを知ってて、ピンの釣りをしてたと思われます。

おかっぱりからはどうしても届かない距離(笑)

ウィードや地形変化を知ってるんであれば、迷わずそこに行ってください。

場所取り合戦になりますので、現着がAM2~3時とかを目安に頑張ってください(笑)

俺はまた明日から仕事だ(笑)

 

ランキングや広告のクリックは俺のやる気につながります(笑)

サイトのクオリティーの維持・向上に努めますので、ぜひクリックをお願いいたします。

 - 釣行記2017年5月

Translate »