まぁ釣れるわ。またも50UP@琵琶湖バス釣り 2017年6月14日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

まぁ釣れるわ。またも50UP@琵琶湖バス釣り 2017年6月14日

   

どーも。ykです。

今年入って一体何本目の50UPでしょう。
でも、60は釣れてないんですね~。

 

琵琶湖で50UPを釣った記事をいくつか紹介します

やっちゃった!デカいぞ!50UP、しかも後半@琵琶湖バス釣り 2017年6月12日
50UP出たー!バイブレーションで夜釣りを極める@琵琶湖バス釣り 2017年6月10日
50UPとポロポロ@琵琶湖バス釣り 2017年5月30日
最後に出たよ50UP@琵琶湖バス釣り 2017年5月25日

 

 

まあたくさん釣ってます。

今夜も出しましたよ。50UP。

ジャストでしたけどね(笑)

 

現地着は22時。

遅めの時間だったため、短時間釣行。

 

TDバイブレーション スティーズカスタム65S-Gの一本勝負

ルアーをあれこれ変えてる時間もキャスト数を減らす要因になるため、ルアーはTDバイブレーション スティーズカスタム65S-Gを選択。 カラーはクロキン。

 

 

 

まずは軽くサクッと40あるなし。

 

続いて45くらい。

 

さらに追加40あるなし。

 

そして最後に50UP。ジャスト50でした。

 

今日釣ったすべてのバスが同じストラクチャーです

今日は、以前から気になっていたストラクチャーがあるところへ入りました。

何度か釣りしたことがある場所で、岩が沈んでるのは知ってました。

湖流は、あんまり当たらない場所で、生えてるウィードはカナダ藻が主流。

 

そのストラクチャーのまわりを前後30mくらい行ったり来たりウロウロ。

打てそうな場所はすべてショートキャストでリトリーブは超スロー。

 

ショートキャストにした理由はキャスト数を稼ぎたいのと、ロングキャストすると浅いのでウィードが邪魔でリトリーブスピードを速くしなくちゃいけないから。

 

投げてスローに巻いてを繰り返して、結果、出てくれたのはその岩周辺のみ。

連発したわけではないんです。

 

釣った後すぐに投げてもバイトはなく、少し移動しキャスト。。。戻ってみてキャストするとゴツンみたいな。

 

コンタクトスポットってやつですかね。

バスが一旦ついて休む場所になってるんでしょうか。

 

0時までで4本出ました。

サイズは選んで釣れない感じですが、今の時期はやっぱりストラクチャーが強いみたいですね。

 

なぜ釣れるストラクチャーとそうでないストラクチャーがあるんか?

ストラクチャーならどこでも強いかって言うとそうではないみたい。

何かしらの要因があるようですが、僕には判断が付きません(笑)

 

仮設ですが、おかっぱり、ボートともにあまり攻められてないストラクチャーなんじゃないかと思ってます。

昼間、おかっぱりの人がたくさんいて、ボートの人が寄り付かない場所。

で、昼間やってるおかっぱりの人たちは、沈んだ岩のストラクチャーには目もくれず沖へキャスト。

ようするに岩に対してスタックを恐れるビギナーさんが、たくさん来そうなスーパーメジャーな場所。

 

その結果、そこにあるストラクチャーである岩が「灯台下暗し」の状態に(笑)

 

あくまで仮設ですよ?

 

時間あけて入りなおせば一発で何かしらの反応あるし。

なんでなんやろね?しばらく考えてみます(笑)

 - 釣行記2017年6月

Translate »