丸々と太ったバス!北湖のクオリティーフィッシュを狙うデイゲーム@琵琶湖バス釣り 2017年6月24日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

丸々と太ったバス!北湖のクオリティーフィッシュを狙うデイゲーム@琵琶湖バス釣り 2017年6月24日

      2017/06/25

どーも。ykです。

行ってしまいましたよ、北湖デイゲーム。

 

僕は基本が土曜がお休みです。

たまーーーーに、日曜も休みな時がありますが。

 

ここ最近は琵琶湖でバス釣りと言っても、夜釣りがメインで昼の釣りは全然行けてなかった。

ってこともあったんで、バスの個体数は少ないが、そろそろ北湖でガツンと一発クオリティーフィッシュってやつを仕留めたいってことで行ってしまいました。

琵琶湖北湖のバス

いわゆる北の魚と言われる北湖のブラックバスは、南湖と少し違う種類の魚です。

あ、同じブラックバスなんですが、大自然と豊富なベイトのおかげか、とにかくヘルシーに育っており、太くて丸い体系が南湖の魚とは別次元ってのが特徴。

すべての魚がそうってわけではないですが、40を超えるあたりから太さと丸さが尋常じゃない状態になり、口と尾びれが小さい特徴的な体系をしてます。

40以下の魚は南湖とそう変わらない体系してんだけどね。

 

40以下はいらん!坊主でいいからビックワームを!

北湖で釣りをする場合、ノーバイトって可能性もあるんですが、ノーバイトで何時間も釣りし続けるのも苦行だし、早朝から昼まで。

ってか、それ以上は体力的に無理(笑)

超クリアな水の北湖。プラグじゃ絶対釣れないだろと思っている僕は最初からワームでの釣りを選択。

 

使ったワームはこちら。

 

いわゆるデスリー。

とにかく長くて、デカくて、いろんなもんがいっぱい付いてるのが特徴のデスリー。

30㎝くらいのバスはコレは食わんでしょう(笑)

 

選んだエリアは北湖東岸のロックエリア

AM4:00。

1/4オンスのシンカーをフリーにしたテキサスでデスアダーリザードをリグって釣り開始。

移動を繰り返し、考えられるあの手この手をとにかく試して6時間ノーバイト(笑)

 

10時30分。

太陽がだいぶ高くなりバスもシェードに入るだろと、マンメイドストラクチャーのシェードを通したら一撃でした。

 

43㎝。長さはないけど丸すぎ(笑)

 

腹はパンパンです。

 

 

シェードにめがけてキャスト。

フリーにフォールさせると、テキサスリグのシンカーが先にストンと落ちる。

そのあとにリザードがゆっくりフワフワと落ちる。

フワフワ落とした後は、しばらく放置。

ラインを張ってみると、ヌンヌンとバイト。

絵に描いた通りってやつですね。

 

このくらいの同じ長さの魚なら南湖なら瞬殺でよせてランディングできますが、北湖の魚は違います。

瞬発力とパワーの桁が違います。

このサイズですでに引きが尋常ではありません。

トライするなら最低でも16lb以上のラインを巻いてください。

それ以下だと、せっかくデカいのを反応させても一瞬でぶち切られたりしますんで、まわりのアングラーからも残念な眼差しで見られてしまいます。

 

基本、北湖は釣れません

たまに行きたくなってしまう北湖。

ちょくちょく行ってればもっと魚の着き場なんかもわかって釣れるかもしれませんが、個体数が少ないためか、北湖は僕に甘くしてはくれません。

キャストしたら、水深15mに届く場所なんかもあり、ボトムには何もないのに、そんな場所にいたりします(笑)

魚の動きがわかりにくい。エリア的にめっちゃ広いし(笑)

 

参考にしてみてください。

 - 釣行記2017年6月

Translate »