完全試合達成・パーフェクトゲームでございます@琵琶湖バス釣り 2017年7月8日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

完全試合達成・パーフェクトゲームでございます@琵琶湖バス釣り 2017年7月8日

   

どーも。ykです。

いつもご覧いただきありがとうございます。

 

さて、昨日の夜、釣りに行くも不完全燃焼な僕は、寝ないで朝マヅメに。

昨日の記事:バラしてばっかりだよ。ちゃんと釣らんと@琵琶湖バス釣り 2017年7月7日

 

ここ数日の琵琶湖の状況

著しい水温上昇が原因か、はたまた僕がアジャストできてないだけか。

ここ数日、ギリギリもギリギリ、なんとか運よく釣れてるって印象。

いつも夜釣りで徘徊するエリアは決まっていて(知らない場所で夜釣りは危ないんで)、数か所をラン&ガンします。

調子よくポンポンと釣れてた時期(特に6月)は、シャローがよく釣れてて、デカいのから小さいのまで飽きない程度にバイトがありました。

 

が、ここ数日は、大きい個体はちょくちょく出るも、小さいのがめっきり減りました。

沖のウィードの当ててれば、何かしら釣れたんだけどね。

一時的なものなのか、夏だから水温上昇を嫌ってシャローに入ってこないのか。

わかりませんが、水から匂いも出てきてるし、水が悪くなってるってことなのかな?

それが原因で、雨の直後はよく釣れるのかもしれませんね。

 

南湖の水が悪いなら

せっかくの暗いうちからできる朝マヅメ。

どうせならでっかいバスを釣りたい(笑)

 

南湖でやってもギリギリ感のある釣りになっちゃうなら、いっそ北湖の怪獣を釣ろうと、そんなアホみたいな考えで出撃しました。

 

 

ロケーションは最高で、ほんと癒されますよね。

 

キャロをリグるのはめんどい(笑)

ってことでデスアダーリザードのテキサスリグのみと決めキャスト開始。

目標はワンバイト・ワンフィッシュ。

とにかく太いやつを狙って釣るつもり。

 

釣れないことはわかってる(笑)

とにかく、もし魚がルアーを食うとしたらフォールから着底直後。

目の前にルアーが降ってきたときだけ。

で、フォールして着底後、しばらく見せないと食わない。

そう決めつけて(笑)あちこちにキャストしてみました。

 

ただ、キャストだけして「釣れないね」ってんじゃ次に続く何かを得られない。

とにかく全キャストでカーブフォールさせてカウントを取ってみる。

カウント6秒で着底するところもあれば、15秒のところもある。

このカウントが極端に変わるところはブレイクが存在するので、そんな場所で釣りをすれば釣れる可能性が高くなります。

 

ちなみに前回、北湖デイゲームで52cmが釣れた場所はカウント7秒くらいで着底したところ。

その釣れた場所のすぐ南側は10秒、北側へ移動すると6秒へ変化する。

ブレイクのショルダーで釣れたってことになります。

すぐ近くにはインレットがあり、全体の地形を見るとワンド形状の地形ですが、北から流れてくる湖流も当たっていて複雑に水が動いてます。

やっぱりそういうとこってベイトも多いし、バスも集まるんでしょうね。

 

前回釣れた場所へ入り、カーブフォールから7秒。着底から数秒間、我慢してルアーを止めてラインテンションを抜いて待つ。

ラインが少しだけぶれる。

ラインテンションを張ると「コン」とバイト。

 

リールをグリグリ巻きながらフッキングを試みるも、一瞬重さが乗るも、まさかのすっぽ抜け。

ワームだけ持っていかれました。

 

今日のお魚さんからの反応はこれだけでした。

ワンバイト・ワンフィッシュ達成ならず。

完全試合を達成してしまいました。

 

見に来ていただいた皆様。

まったく参考にならず申し訳ない。

 

その後、熱中症にならんばかりの暑さになり、命をかけてキャストしまくるも、お魚さんは相手にしてくれず。

帰ってふて寝して、夜釣りも少しだけ行きましたが、お豆さんを1匹だけ釣り終漁。

 

当ブログの記念すべき100記事目が坊主ネタ。

おっかしーなー。

 - 釣行記2017年7月

Translate »