3連休の初日、何かが変わってしまった琵琶湖@琵琶湖バス釣り 2017年7月15日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

3連休の初日、何かが変わってしまった琵琶湖@琵琶湖バス釣り 2017年7月15日

      2017/07/17

どーも。ykです。

7/14の夜釣りは行かず、日々の疲れを癒す為、19時頃からスパリゾート雄琴「あがりゃんせ」へ。

リゾート気分をすっかり堪能し、アラフォーのオイルをすっかり落として帰ってきて就寝。

15日、起きたらAM6:30(笑)

またも遅刻スタートである。

 

朝一は北湖西岸から

朝マヅメはギリギリか、スタートフィッシングはAM7:00。

夏はやっぱりトップでしょと、バスジェットからスタート。

ちなみに、まわりには数名のアングラー。

とにかくヘビキャロで、小さいワームを遠投ってのがすごく多い。

プラグをボチャンボチャン投げてんのは僕だけっていう場違いな感じ。

 

まあ、北湖でプラグで釣るとなると厳しいのは僕もわかります。

南湖に比べて北湖の水は、スーパーアルティメット鬼クリア(笑)。

だませるわけがない。

でも、、「でも」ですよ。

プラグで釣りたいじゃないですか。

 

トップならそれが可能だったりします。

朝夕だけがバイトチャンス。

釣れませんでしたけどね。

 

釣れないなら足で稼ごう

釣れなくて困った時は、粘る釣りよりラン&ガン。
これでしょう。

北湖の和邇・蓬莱付近からスタートしどんどん北上してい行きます。

各場所でチェックを早くして、次々ラン&ガンしたいので、デスアダーリザードでのテキサスリグを選択。

キャスト→フォール→着底→数秒放置→回収

これを5m感覚くらいで打って行き、どんどん移動します。
シェイクしたりなんだりしてたら遅くなるんでね(笑)

ま、釣れませんでしたけどね。

 

ラン&ガンむなしく・・・

最北までは行ってないものの、知ってる限りの場所は打ちました。
ノーバイト。完敗です(笑)

で、お昼を境に南下して同じ場所を打ってきます。
これで夕マヅメあたりの時間で、今日の釣りをスタートした地点に戻ってきました。

これだけやってて、ずーっとまじめに集中して釣り出来る人間はプロを除いてはたぶんいないでしょう。

僕もそのダメな人間の一人です。

夕方18時頃、キャスト後、着底したルアーを放置してる間にラインに違和感がでます。
いや、「今思えば違和感があったな」って感じ。
釣りしてる時は気付いてませんでした。

で、ラインスラッグをとった瞬間にグーッとルアーを咥えて持って行くバイト。

今日、散々投げまくって初のバイト。

合わせが遅れてすっぽ抜け。。。。

その場で自害しようと思いましたが、家族連れなど、たくさん人がいらっしゃったんで、やめときました。

 

絶対に気を抜いてはいけません

キャスト→フォール→着底→数秒放置

でるなら「数秒放置」ここでバイト。と思って釣りしてるのにボケっとしててフッキング出来ず。

すべてのキャストに可能性があり、すべてのアクションをバスには見られてると思って釣りしなきゃいかんのに。

ちなみにバイトがあった場所にはこいつがありました。

流れ着いたおもちゃですね。

 

そのまま南湖で夜釣りへ直行

このままでは帰れません。
坊主ですから。

ってことで、いつもの夜釣りでデカいのを出してる南湖へ助けを求めてに行きました(笑)

が、まさかのノーバイト3時間。

地獄とはこのことでしょう。

なんでだろ。
完全に何かが変わってしまいました。

まず、ベイトっ気がまったくと言っていいくらいありません。

ときおり相手にしてくれるのは、コウモリ君のラインアタックと、耳元で「プーン」となる蚊だけです。

なんとなくベイトといっしょにバスもいなくなった感じ。

周期的にこういうのやってきますね。
雨が降ってないことによる大減水と、千切れたウィードがもっさり岸際に流れ着いてるのが原因かと思われます。

岸際ギリギリを通せないし。

半分やけくそでTN60ディスクノッカーを早巻きしてたらこいつが癒してくれました。

20cmくらい(笑)

これでもちゃんとバス釣ったんで坊主じゃないってことで(笑)

バリエーションを増やさんといかんな~。

 - 釣行記2017年7月

Translate »