50UP!南湖で二日連チャン、しかし北湖は、、、@琵琶湖バス釣り 2017年7月25日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

50UP!南湖で二日連チャン、しかし北湖は、、、@琵琶湖バス釣り 2017年7月25日

   

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから7/24までの戦績。
【60UP】1
【50UP】40
【50未満】150
【釣行回数】99

 

今日の釣りプラン

そろそろ出ちゃうであろう北湖バス50UP。

ここ数日、何度も赴いては、坊主をくらい、そいつに出会える日を楽しみに北湖へ通ってます。

今日は夕方から雨。

西の風少々。

南湖に行けば、これ絶対釣れるやつだし。と思いましたが20時から北湖西岸へ懲りずにリベンジ釣行へ。

どうしても北湖バス50UPでクオリティーが半端ないやつが釣りたい。

運よく釣れ、時間があったら南湖へ癒されに行こうと決め、釣行開始。

 

ヘビキャロとJACKAL アイシャッド3.8

選んだリグは、またも懲りずにヘビキャロ。

JACKAL アイシャッド3.8を選択。

 

 

それが正解かは不明ですが、リーダーを短めにして、シンカーがウィードと絡んで抜けた時に、アイシャッドが右に左にダートしてリアクションで口を使う想像をしてみる。

2時間、完全なるノーバイト(笑)

 

耐えきれず、南湖へ

西の風が吹いたんであれば、接岸しちゃってる抜けて腐ったウィードも、流されたかなと期待して南湖西岸へ入釣。

時刻はすでに22時30分。

そう長い時間はできない。

無駄打ちをなくしてパパッと釣っちゃおうと目的のポイントへ行くも、先行者あり。

しかも何を思ってるのか、ライト点けて水面照らしまくり。

完全にその頼りのポイントはつぶされてます。

ここで初めて焦り出す。

このポイント以外で条件の整ってる場所って知らんぞと(笑)

 

やったことはあるが、釣ったことのないシャロー

やったことはあると言っても2~3回程度。

何と言ってもスポーニング時期は、入れ代わり立ち代わりに人が入るメジャーポイントなのであまり近づかない場所。

やる場所ないし、やってみよー程度でキャスト開始。

今日使ったルアーはTN70マルハタサウンド。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル スカルシェルTN70マルハタS マルハタ赤金ギル
価格:1565円(税込、送料別) (2017/7/26時点)

 

 

TN70 マルハタサウンドのインプレ

このルアー、今日使ってみて思ったんですが、リアクションを誘うような、こちらから仕掛ける釣りにあまり向かない気がします。

投げて巻く。その巻きの精度を上げるとバイトが出る気がする。

素人のタワゴトですが、岩に当てて、ロッドをあおってをするとバイトが出にくい。

逆にシャローを攻めるなら、ひたすら我慢して一定のスピードで精度高く巻いて、岩に当たるなどの偶然を利用してバイトに持ち込む。

これが正解な気がします。

ルアーから伝わるブルブルも少し抑えられてる気がしますが、サウンドにせよ、ルアーのアクションにせよ、コトコトサウンドやオリジナルサウンドのTN70に比べ、リアクションではなく「食わせ」にふってるような、そんな手ごたえです。

 

TN70 マルハタサウンドのナチュラルな食わせのリアクション

インプレで書いた通りを実践してみます。

岸際へキャストし、変にアクションを付けずただ巻き。

何かに触れても、ひたすら気にせずただ巻き。

で、コツンとミスバイト。

あまりやる気はなさそうなのでコトコトやオリジナルサウンドのTN70に変えたくなるも、面倒なのでそのまま。

で、あんまりルアーを見せてもスレるだけで食わなそうなので、沖へ数投キャスト。

ここでもただ巻きにコツンとバイト。のらず。

ホントにやる気ないキスバイト。

また、岸際へ再キャスト。

今度はさっきよりさらにゆっくり巻いてみる。

岩にコツンと当たったと思ったらひったくられましたわ。

 

54㎝くらい。

 

さすが南湖。

北湖に比べ、魚がめちゃくちゃピュア。

まあストラクチャーについてる魚はだいたいが臆病でピュア。

臆病だから隠れられる場所なら安心してバイトしてくるんだと思います。

 

南湖なら自分の魚が出せる。

だいたいが50に絡んでくるデカいバスだし。

 

北湖は。。ムズすぎです。。

まだまだ釣れるまでリベンジしまっせ。

釣れたらシェアしますんで、気長にまっててや!

 - 釣行記2017年7月

Translate »