50UPが出ました!水の中の季節はまだまだ夏@琵琶湖バス釣り 2017年9月3日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

50UPが出ました!水の中の季節はまだまだ夏@琵琶湖バス釣り 2017年9月3日

      2018/02/22

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから9/2までの戦績。
【60UP】2
【50UP】46
【50未満】190
【釣行回数】125

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

励みになりますので、よろしければコメントを残していってください。

また、間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。


ここ最近、イヴォーク2.0での釣りが絶好調となってました。

それをそのまま続けててもよかったんですが、新しい可能性というか、シーズンに合わせたパターンを模索したくて、いろいろ持って行ってきました。

 

夜になるとすっかり秋めいて

なんだか朝晩はすこし肌寒くなってきましたね。

日照時間も確実に短くなっていってる。

バスもそろそろ秋に備えるんでないかな?ってことで、秋のバス釣りと言えば、横の動き。

秋は巻物が強くなる時期なんですが、水の中の季節の進行はどうかと、スピナーベイト、バイブレーション、フローティングミノーあたりを持って琵琶湖へ出撃。

 

琵琶湖の水の中の季節はまだ夏か?

現地着は20時30分。

スピナーベイトからスタート。

このスピナーベイトの釣りですが、僕自身は大好きです(笑)

好きなルアーがたくさんありますが、スピナーベイトもその一つ。

春はもちろん、夏の昼間はスピナーベイトのみの時もあるくらい。

以外に夏の釣りで強さを発揮してくれるルアーです。と、僕は思ってます。

 

しかし、夜はどうなんだとキャストしまくるもノーバイト。

横の動きに反応する感じではなさそう。

ってことは、バイブレーションもダメだろうと見切りをつけて、フローティングミノーの釣りを開始。

つけたルアーはこちら。

 

見た目からアメリカンな風味を醸し出してますが、ボーマーロングAというフローティングミノーです。

 

キャストし、グリグリっと4~5回巻いて、少し沈めて、ジャーク&ポーズ。

ポーズしてるとフローティングなので浮いてきます。

クランクの浮上パターンに通じるものがありますが、どうかと思ってるとギューンとラインが走り、バイト。

残念ながらリアフック1本でかかってて、ランディング寸前でバラシ。

40そこそこくらいの小さなバスだったんで良しとします(笑)

 

北風ビュービューで向かい風になるような場所に入ったんで、バックラッシュ全開になるので場所移動(笑)

 

風裏の南向きのシャローエリア

ここでもロングAをキャスト。

さっきと同じようにキャストして、4~5回グリグリからの、ジャーク&ポーズ。

ポーズの浮上時にまたもバイト。

エラ洗い1発でバラシ。。。

今度のは姿は見えませんでしたが、「ガボガボ」っといったエラ洗いの音が、重厚感のある音でデカそうでした。

まあ、ジャークベイトっていえば、バラしてしまうルアーってことで、ここまでは余裕ぶっこいでました。

 

この時点で、時刻は22時。

 

イヴォークでとりあえず、釣っとく?

ってことで、イヴォーク2.0をここで初めてキャスト開始。

しかし、延々ノーバイト(笑)

場所を変え、北向きの風当たりのいいシャローへ入りなおすも、風が止んでしまい、釣れなさそうな雰囲気MAX。

イヴォークさえ投げたら何とかなると思ってましたが、ここで初めて「坊主」を意識し始める。

 

こうなってくると人間という動物は殺気を出します(笑)

こんなときの極意を。

「時間をかけて移動」するか「ルアーチェンジ」もしくは「ラインの結びなおし」をすれば、自然と体から力が抜け、殺気も抑えられます(笑)

 

移動するのが一番殺気を消せる手段なんですが、なんせ時間もないし、イヴォークを変える勇気もない。

なら、結びなおすかと、少し時間をかけて結びなおし。

 

携帯を見ると0時を回って日が変わってる(笑)

 

こればっかりはしゃーないし、坊主でいいかとラスト10投と決めてキャスト開始。

 

1投目、イヴォークをウィードに当てて、浮上中に違和感。

あれ?バイトか?と半信半疑。

 

すぐに2投目は投げず、タバコ(-。-)y-゜゜゜。

 

2投目、同ラインへキャスト。

止めて浮かせてから、リトリーブ開始直後にガツンとバイト。

自分の信じたエリアでやってよかった。

 

ドーン!

 

53㎝の2kgアップでした。

 

まだまだ夏ってことだね

だいたい、水の中の季節の進み具合は、陸上から比べて1か月遅れると言われてます。

誰が言ったか知りませんが(笑)

水の中はまだまだ高水温で、夏真っ盛りってことなんかな?

 

ノーシンカーのフリーフォールと同様に、夏に強いパターンとして、浮上があります。

水面に向かって浮いていくものにやたら反応する。

フローティングなルアーが強いってことなんでないかな。

よかったら試してみてください。

 - 釣行記2017年9月

Translate »