イヴォーク2.0のシャロークランキングで50UP!昨晩のリベンジ達成@琵琶湖バス釣り 2017年9月11日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

イヴォーク2.0のシャロークランキングで50UP!昨晩のリベンジ達成@琵琶湖バス釣り 2017年9月11日

      2017/09/28

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから9/10までの戦績。
【60UP】2
【50UP】48
【50未満】204
【釣行回数】132

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

励みになりますので、よろしければコメントを残していってください。

また、間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。

今日は911。アメリカ同時多発テロがあった日ですね。

何年たったんでしょうか。

僕はまだ20代の前半でピチピチだったころと記憶してます。

被害にあわれた方、その関係者の方には心からお悔やみ申し上げます。

 

さて、昨日は完膚なきまでに坊主だった琵琶湖バス釣り。
釣果的には全然ダメだったので、スクエアリップの解説を(笑)@琵琶湖バス釣り 2017年9月10日

 

まあ、一発は出したんですが、惜しくもバラシてしまい、そのまま坊主をくらってしまったという、何とも情けない釣行でした。

今日はそのリベンジ釣行です。

 

狙う場所は2か所のみ

1か所目は湖流があたる北向きの岬がらみな感じ。

ブレイクが隣接しててボトムには基本的にカナダ藻が生えてる。

で、ところどころ少しだけエビ藻パッチ。

そこだけボトムが硬いんだと思う。

 

2か所目は南向きの湖流が当たらないエリア。

ボトムはこちらもカナダ藻メインで、シャローフラットな形状。

地形変化は乏しいものの、シャローフラットなんで、食い気のあるバスが入ってきてれば可能性大。

ってか、今日は絶対こっちだろうと思ってました。

昨日、バラした時間は22時前後なんで、ちょうどそのころに入れるように調整し、1か所目から様子見で釣り開始。

 

相変わらず安定のノーバイト

どちらかと言えば、今のこの瞬間にアジャストできてない釣りをしてると思う(笑)

一匹だけは何とか釣りましたが、他では完全にノーバイトで、かすりもしません。

風がビュービューに吹けば少し違うと思うけどね。

 

今日も引き続き、巻き勝負ってことでイヴォーク2.0のシャロークランキング。

 

そもそも何でこのイヴォーク2.0を多用してるかっていうと、初夏くらいまではバイブレーション系のルアーでボコボコと釣ってたんですが、早すぎて魚が追いつけてないなと感じ、困ってクランクを選択した経緯があります(笑)

クランクなら、早くも巻けるし、ゆっくりだって巻けるし、何なら止めれるし。

今の琵琶湖南湖にベストな選択かって言われたら疑問です。

が、安定したノーバイトに折れない心を持ち、デカい魚だけ出したいと願ってるなら、イヴォーク2.0のシャロークランキングをオススメします。

 

クランクとスピナーベイトとどっちでいくか迷ってたんです

とにかく琵琶湖は夏になるとウィードがうっとおしいくらい伸びます。

で、バイブレーション系に代わる何かを考えたとき、それをかわして快適に釣りしたいなと。

で、クランクとスピナーベイトで迷ったんですよね。

シャロークランクが大好きで、そろそろ使い倒したかったってのもあるんですが、とりあえず、クランクでウィードを使った釣りをして、秋が来たらスピナーベイトにシフトしていこうかなと結論を出し、いい方向に向かってくれたわけです。

 

で、今はクランク引くなら坊主覚悟で、デカいのだけ狙った釣り展開になってます(笑)

なんとかちょろちょろとデカいのを出せてますが、安定してるかって言うとそうでもないよね。

そろそろスピナーベイトにシフトしていこうかと目論んでるんで、スピナーベイトが苦手な人には有用なブログが書けるように頑張ります。

 

今日の釣行

現地着は20時30分。

1か所目で時間をつぶして、22時少し前に移動し、2か所目でズドンとやってウハウハで帰ろうって作戦。

1か所目では出たとしても事故フィッシュ。

湖流なんか全然ないし、風も無風。

雨は時折パラついてましたが、何かを変えるだけの雨ではない。

とりあえず、最高の状態で2か所目での釣りができるように、ウィードへのタッチに神経を集中してキャスト。

1時間30分ノーバイト。

 

移動。

 

22時少し前。

流れなし、風なし、なのでウィードが立ってしまってクランクが引きにくい条件。

早巻きでも引けなくはなかったんですが、一投目からあまりシャカシャカやって場を荒らしたくないなとデットスローで巻いてみた。

ホント何となくのデットスロー。

 

1投目にまさかのバイト。

 

スローに巻いて、ウィードへ触ったら止めてラインスラッグを出して浮かせてかわす。

浮かせた後にラインスラッグを回収しようとリールを巻き始めるも、いつまでたってもクランクまでたどり着かない(笑)

バイトしてこっち向かって走ってました。

 

焦らず、高速でリールを巻いて、そのまま巻き合わせ。

走り出した瞬間から、やっちゃったのがわかるレベル。

 

 

てっきり口の中にかかってるかと思ったら、外がかりでした。

ラインテンションをダルダルにしててもフッキングできるように、フックを変えたばかりだったんですが、それがよかったのかも。

 

56㎝

 

昨日バラシてしまった見た目55UPと遜色なし。

よかった!と安堵で全身の力が抜けました。

 

明日以降は

今の琵琶湖にアジャストさせた釣りを考えようと思ってます。

とは言え、頑張ればクランクでも出るんで、クランクを投げることもあると思いますが、できたらスピナーベイトな釣りがしたい。

巻く以外に選択肢を持ってないので(笑)見に来てくれる皆さんの参考になるかどうか。

とにかく、また頑張ります。

 - 釣行記2017年9月

Translate »