台風前の荒食い調査@琵琶湖バス釣り 2017年9月16日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

台風前の荒食い調査@琵琶湖バス釣り 2017年9月16日

   

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから9/16までの戦績。
【60UP】2
【50UP】50
【50未満】205
【釣行回数】135

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

励みになりますので、よろしければコメントを残していってください。

また、間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。

 

 

ライフジャケットについて

最近すごくよく思うこと。

何でいきなりこんなことを?と思われる方もいらっしゃると思いますが、一応書いておきます。

 

琵琶湖のおかっぱりアングラーで、ほとんどの人がライジャケ着けてないって話。

何年か前の話ですが、僕はもともとはアルミボートに乗るアングラーでした。

船舶検査の際は、船の定員数に合わせたライフジャケットを乗せなくてはなりません。

定員が3人なら、3つとかね。

で、その時買った、船舶検査対応のライジャケを持ってるんで、僕はいつものおかっぱりの釣行でも着けてます。

着けてるから間違いなく大丈夫とは思ってませんが、最低限、なんかあった際には浮いてはいられると思って着けてます。

 

船に乗って釣りしてると、夏なんかだと暑くてたまらんので、腰につけるタイプを持ってます。

ダイワのロゴが入ってますが、特にファンではありません(笑)

どちらかと言えばシマノ派です。

 

船に乗ってる時、おかっぱりをしてるアングラーが「バイト」→「のけ反りフッキング」→「落水」ってのを見たことがあります。

 

泳げるとか、浅いから大丈夫とかではなく、落水時に頭でも打ったら気絶してそのまま溺れるってこともあります。

 

ライフジャケットは着けましょう。

 

そして、夜にウェーディングされる方も、ほんとにコケたら終わりなので、ライフジャケット着用してくださいね。

 

と、台風直前の琵琶湖へ出撃してた男が言っても説得力がないですかね。

 

台風前の短時間勝負

現地着は20時。

雨はパラついてますが、風はまだまし。

波気があり、水面ざわざわでめっちゃ釣れそう。

風も出てきてるし、まだまだ強くなるでしょう、ってことで危険を回避するため長時間は避けての一発勝負。

一か所で扇状にキャストして終了するつもりの釣行。

 

集中して一発にかけてキャスト開始。

 

投げたのはイヴォーク2.0。

いるなら数投で出るはず。

 

5投目くらい。

ルアーがよろけるくらいのキスバイト。

 

ボトムを取る前の、ブリブリ泳いでる最中にバイト。

たぶんめっちゃ魚浮いてる。

 

一旦回収し、同じラインをトレース。

今度はスローリトリーブでボトムを取らないようにロッドを縦て巻いてみる。

 

カツーンと思いっ切りバイト。

 

網の中でルアー外れました。

危なかったー!

 

46㎝でした。

 

午前中の釣りが坊主だっただけに何とかして魚に触りたかった。

その時の記事はこちら。

秋の定番、ジャークベイトで数釣りするために北湖へ@琵琶湖バス釣り 2017年9月16日
 

で、粘っても危ないだけなんで、帰ろうかと網を洗って、スケールを洗って、最後にルアーも洗うのに足元にショートキャストして回収してきたらガツンと思いっ切りバイト(笑)

バイトだけで残念ながら乗りませんでしたが、台風前で魚も危険を感じて岸際に寄り付いてんのかもしれませんね。

それでもバイトしてくるあたり、活性の高さをうかがえます。

 

続ける気はなかったので納竿。

ちなみに入るときには駐車スペースに先行者1台の車、帰るときには3台に増えてました(汗)

安全に頑張ってほしいところです。

 - 釣行記2017年9月

Translate »