秋は巻物で数釣りってことなんだね@琵琶湖バス釣り 2017年9月30 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

秋は巻物で数釣りってことなんだね@琵琶湖バス釣り 2017年9月30

   

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから9/28までの戦績。
【60UP】2
【50UP】53
【50未満】217
【釣行回数】144

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

励みになりますので、よろしければコメントを残していってください。

また、間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。


さて、久しぶりのデイゲームでございます。

南湖西岸へ暗いうちから短時間勝負に行ってきました。

 

ベイトフィッシュ

現地着はAM4:30。

先行者2名(笑)

私も含めまあまあの変態達です。

 

開始はTDバイブレーションからスタート。

一か所目は水面ざわざわ、ベイトピチョピチョがない。

なんだか生命感が見られない。

たぶんベイトフィッシュがいないんだと思われる。

数投だけ投げて即移動。

 

2か所目。

めっちゃベイトフィッシュが跳ねてる。

 

ベイトピチョピチョだ。

 

で案の定、サイズはどうあれ、ポコポコ釣れる。

 

まさに秋ですね。

 

しかし、ベイトピチョピチョが、終わってしまったんで即移動。

秋ってやつは、ほんとコロコロと状況変わりますね。

 

3か所目。

ベイトがいる。しかもめっちゃボイルしてる。子バスが(笑)

少し大きいのが釣りたくてイヴォーク2.0のデットスローにチェンジ。

 

コツンとバイトで40ちょい。

 

ベイトフィッシュがあちこちでピョンピョン跳ねてて、たぶん相当な数の群れが接岸してんでしょうね。

少し明るくなってきてイヴォークにはバイトが出ないのでTDバイブレーションにルアーローテーション。

美しいですね。

 

しかし、釣れる魚はこんなサイズばっかりの金太郎あめ状態。

 

ベイトに合わせて移動がキモですね

ベイトフィッシュがいれ、ばかなりの確率で釣れる。

釣れる魚は秋らしく小さい魚ばかりですが、やってて面白いです。

ガツーンとアグレッシブにバイトしてくるし。

トップでも出るかなと思いますが、流行りのデカい羽物なげてる人は釣れてませんでしたね。

 

それこそポッパーとか、ペンシル系なら出るんじゃないかな?

 

明日の日曜の参考にしていただければと思います。

短いですが、この辺で。

 

昼間、しこたま寝たんで、これから夜釣り行ってきます(笑)

 - 釣行記2017年9月

Translate »