50UP!秋のバス釣りはいろいろと予測できない@琵琶湖バス釣り 2017年9月30日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

50UP!秋のバス釣りはいろいろと予測できない@琵琶湖バス釣り 2017年9月30日

   

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから9/30までの戦績。
【60UP】2
【50UP】53
【50未満】220
【釣行回数】145

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

励みになりますので、よろしければコメントを残していってください。

また、間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。

釣果を記録する携帯アプリであるanglersから通知が来てました。

9月30日、10月1日でanglersスタッフの藤井さんと同じサイズのバスを釣れば、琵琶湖明細Tシャツがもらえるとのこと。

30日朝に釣ったバスは登録し忘れてたので、夜釣りではそこを狙って出撃(笑)

朝の記事はこちら。
秋は巻物で数釣りってことなんだね@9月30日

 

ベイトフィッシュ皆無

現地着は19時前くらい。

駐車スペースには他府県の車が多数。

あちこち見て回るも、風なし、波なし、湖流も感じられず、ベイトっ気なし。

釣れない理由だらけです。

なんか1個でも釣れる理由が出てくれたら面白いんですが、、、風が吹き始めてくれることに期待してTDバイブレーションをキャスト開始。

 

バイブレーションの使い分け

僕がよく使うバイブレーションは大きく分けて2種類。

TDバイブレーションとTN70をよく使います。

 

TDバイブレーションが好調なんでちょっと解説しておきます。

TDバイブレーションと言ってもたくさんの種類がありますよね。

僕が好んで使うのはスティーズカスタムです。

最近では65Sがお気に入りです。

深さに合わせて72Sを使うこともありますが、基本的にウィードがある暖かい時期(5月~11月くらい)は65Gで通してます。

 

普通のTDバイブレーションとスティーズカスタムにも違いがあり、スティーズカスタムの方が、引き抵抗が強いです。

これはバイブレーションの本来のアクションである((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルが強いんですが、要するにハイアピールってこと。

バイブレーションで食わせの釣りをしようとは思ってないので、ナチュラル系である必要がないということで僕は好んでスティーズカスタムを選んでます。

 

サウンドについても3種類あり、GとWはラトルイン、Sはサイレントで65S-Gとか72S-Wとかで表記されてます。

GはガラスのG、WはウーファーのW。

どっちを選ぶかは好みでしょうが僕はGもWもローテーションして使ってます。

 

ちなみにこれも好みでしょうけど、ダイワのルアーにデフォルトでついてるフックが嫌いで仕方がないyk(笑)

サクサスフックというフックがついてますが、めっちゃバレます。

僕の腕を棚に上げてめちゃくちゃ言ってますが、ダイワさんから文句がきたら謝ります。

僕が好んで使ってるフックは流儀さんのピアストレブルというフックです。

少しねむった針なんですが、バレにくく曲がりにくいです。

デカいの狙うなら使ってみてください。

 

TDバイブレーション スティーズカスタム65S-G

約3時間ノーバイト。

完全に坊主の気配。

が、3時間たって風が出てきた。

と、思ったら足元でベイトピチョピチョが発生。

 

そりゃ出るよねー。45㎝でした。

 

が、単発でその後はノーな感じ。移動。

 

移動先も風が当たっていい感じ

しかし、風吹くと寒くなってきましたね。

暖かい格好で釣りに臨んでください。

 

風が右から左から当たる。

地形的に風が巻いてるんでしょう。

しかし、ベイトピチョピチョが見当たりません。

沖目のウィードについてないかとTDバイブレーションをフルキャスト。

沖にはウィードの塊が点在してて、ウィードの種類は基本がカナダ藻。

で、ところどころ少しだけエビ藻。

 

ウィードの塊の間を通してくるイメージで、ウィードに当ててブルった瞬間に鬼バイト。

ラインディングの際に、網にルアーが絡まるアクシデント発生(笑)

網に入れれない状態となり無理やり引き寄せてハンドランディング。

網の意味ないランディングでモタモタ(笑)

 

56㎝でした。

 

ルアーを結びなおして、同じラインにキャスト。

カーブフォール中にコツン。48㎝でした。

 

さらにもう一発、カーブフォール中にバイト。

ガツンとかけて、めっちゃ走るも跳ねない。

なんか変と思ってあげてきたら、めっちゃデカいニゴイでした(笑)

網に入れたくなかったので、ラインを持ったらオートリリースで帰って行ってくれました。

 

もう悪いことはできません

そろそろ帰らんと、明日の仕事がきついなーなんて思いながら、キャスト→カーブフォールとしてたんですが、ここで後ろから「こんばんわ」とお声をかけていただきました。

「何使ってるんですか~?」と問われ「バイブレーションです」と返答。

で、ルアーは着底。

会話終わりかなと思ったら「ブログ書いてます?」と(笑)

 

ドキンときました。

目の前は銀色。

ルアーはすでに藻団子です(笑)

 

「書いてます」とめっちゃ小さい声で答えたと思います。

 

「逆に」ですよね?と(笑)

 

なんと読者の方でした。

ありがとうございます。

ブログ見てTDバイブレーションを買ってきたとも言ってましたね。

重ね重ね、ありがとうございます。

 

もう二度と悪いこと出来んなと思いましたね。

 

どうやら、ランディングネットとスケールを見て、そうかな?と思ったらしく声をかけていただいたようです。

 

実際にブログを読んでいただいてる方に会うのは初めてなので、いい刺激になりました。

やっぱり情報収集はネットが基本になってきてる時代ですし、変なこと書いたら信じてしまう人もいるでしょうね。

これから書いていくものにもウソのない、責任の持てるような記事にしていこうと改めて思いました。

 

声をかけてくださった方には無許可で、書いちゃってますが(笑)これからも頑張りますのでよろしくお願いいたします。

 - 釣行記2017年9月

Translate »