人生最大魚と思わしきバスを獲れなかった夜@琵琶湖バス釣り 2017年10月5日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

人生最大魚と思わしきバスを獲れなかった夜@琵琶湖バス釣り 2017年10月5日

      2018/01/11

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから10/4までの戦績。
【60UP】2
【50UP】56
【50未満】227
【釣行回数】150

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

励みになりますので、よろしければコメントを残していってください。

また、間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。


昨日は、よく行く釣り場の駐車スペースに捨てられたゴミを拾って、綺麗にしたと自己満足で帰ってきたyk。

釣れた魚もこの時期では及第点のジャスト50。

その時の記事はこちら。

釣ることも大事だが、釣り場は皆で守りましょう@10月4日

 

当然、今日行ったら凄いの釣れるだろと出撃。

 

時間は遅くていいみたい

どうも最近、釣れる時間帯が23時過ぎてから。

バタバタと釣れ始めてすぐ終わる印象。

ってことで出撃を遅らせて現地着は22時。

 

まあまあ爆風で波はザブザブ。

水が悪いんでしょうね。泡立っちゃって海で言うところの磯のサラシみたいになってる。

予定では、岸際ギリギリのオーバーハングがらみにTDバイブレーションを通してガツンというのを考えてたが、岸際を通せない。

通そうと無理をするとオーバーハングしてる木にラインが風で流されてからんでしまう。

何度かトライし1時間ほど時間をつぶすも無理っぽいので移動。

 

人間の第六感てヤバい

移動先でTDバイブレーションを何回か投げてみる。

風を利用すれば結構な距離をかせげるが、なんとなく「いないな」がわかってしまう。

風に逆らってキャストを試みる。

一回通しただけで、バイトも何もなかったんですが、何となく違和感。

もう一回通そうと、めっちゃ集中してキャスト。

バイブレーションの((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルがいきなり消えてヌンと重くなる。

 

あれ?ウィードと思うくらい一切動かない何か。

 

ポンピングで寄せてきて照らすと激デカのバス(笑)

あきらかに60オーバー確定のモンスター。

けど動かない(笑)

 

が、突如、沖に向かって走り出す。

ロッドはギシギシと悲鳴をあげて、ベイトリールのドラグがヌリヌリヌリと出て行くし止まらない。

 

ジャンプ。

 

ガボガボの音量と、重たい音質が半端ない。

 

全てに感謝しました。

 

いろいろあれこれやったと思うんですが、真っ白になって記憶があいまいです(笑)

で、何とか寄せてきてラインディングネットを見た瞬間に足元で最後のジャンプ。

 

バイブレーションがピョンと跳ねてバスは悠々と帰って行ってしまいました。

 

お隣で釣りされてた方に見られてたと思いますが、ヒザはガクガク。

溜息しかでません。

 

全てに感謝したのが30秒ほど前。

しかし、たった30秒で「ここにウ〇コでもして、そのまま帰ったろうか」と荒んだオッサンの出来上がりです。

 

それを皮切りにバイトフィーバータイム突入

ラインを結びなおし、キャスト再開。

そしてすぐに子バスがつついてきて、思わず舌打ち。

「何食ってくれてんねん」とすべてに対して憎悪を抱いちゃってます。

釣りしてんのに「何食ってくれてんねん」とか言っても本末転倒。

 

仕切りなおせてないので、もう一度ラインを結びなおし。

 

また、バイト。

今度は少しましなサイズ感。

 

無難にラインディングしてゲッツ。

 

ただの小魚にしか見えません。

撮影最中に声をかけてくれた方がいらっしゃいましたが、不貞腐れてしまってましたので不快な思いをされてたら、ここでお詫びいたします。

 

僕の自身のレコードは64㎝、4200gが最大魚です。

重さはわかりませんが、長さはたぶん越してたと思うと、悔しさでいっぱいです。

バイブレーションはよくバレます。

ルアーの構造上、どうしてもしょうがないんですが、いい手があったら教えてください(笑)

 

明日からリベンジの釣りが始まってしまいます。

 - 釣行記2017年10月

Translate »