夜は南湖でリベンジ・そのまま勢いで北湖東岸で数釣り@琵琶湖バス釣り 2017年10月6日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

夜は南湖でリベンジ・そのまま勢いで北湖東岸で数釣り@琵琶湖バス釣り 2017年10月6日

      2017/10/11

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから10/5までの戦績。
【60UP】2
【50UP】56
【50未満】228
【釣行回数】151

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

励みになりますので、よろしければコメントを残していってください。

また、間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。

 

前回釣行では、人勢最大魚クラスのスーパーモンスターを反応させ、ランディング寸前でバラシ、失禁しそうになった。

その時の記事はこちら。

人生最大魚と思わしきバスを獲れなかった夜@10月5日

 

当然ですがリベンジに行かなきゃならんわけです。

が、バラしたのは木曜。

普段金曜日は釣りに行かず、翌日の休みの土曜日のデイゲームを頑張るのが恒例になってる。

まあ、あんまり頑張れてないんだが。

 

しかし、やらねばならんと金曜の夜遅くから出撃。

もてばそのままデイゲームまで寝ずの強行スケジュールで行こうと腹を決めた。

 

10月6日のPM23:00

ここ最近では、23~24時前後に時合があり、バタバタと釣れて即終了となるのが恒例になってます。

いかんせん、その時間以外では、バス絶滅?と思えるほど安定してノーバイト。

フィネスなことをやれば違うかもしれませんが、硬いルアーにしか興味がないのでしょうがない。

 

南湖西岸の65UPを逃してしまったエリアへ。

現地着は23時。

さすがに誰もいないっつー話。

風も収まり、心配していた雨も小雨程度。

 

TDバイブレーション スティーズカスタム72S-Gのキャスト開始。

カラーはポンドギルを選択。

 

実は昨日使ってたTDバイブレーションだが、ポンドギルがわりかし好きで、買い足してきたばかりだったんだが、サイズを間違えて買っていた様子。

72S-Gの方が、当然デカく重いです。

そしてアクションが派手です。

手に伝わる((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルが65S-Gに比べて暴力的です。

 

それはさておき、釣れなかったら、それはそれで寝ないまま北湖へ行くスケジュールを組んだ。

すぐ釣れたら速攻で帰って寝るつもりでいたんだが、甘々な考えがいけなかったか?(笑)

1時間以上なにも起こらない。

雨の影響か?

モンスターどころか生命感すらなく、リベンジどころの騒ぎではない。

 

場所が悪いはずだと、自分のダメさ加減を棚に上げて移動。

 

移動先にベイト確認

おっとベイトピチョピチョが発生してる。

たまにガボッという捕食音もある。

期待してキャスト。

そこからさらに1時間なにも起こらない。

 

これやってしまってないか?と不安になってリトリーブが乱れ、そのルアーの動きに、まさかのリアクションバイト(笑)

 

ガッツリとハーモニカ食い。

これならバレない。

 

寸止めで49㎝でした。

 

昨日釣った魚に似てるな。

同じ魚か?(笑)

 

リベンジ失敗

嫌になるほどキャストしてきたが、一切他にはなにも起こらず。

雨の影響ってことにしておきます。

 

で、ヘロヘロになりながらも、そのまま北湖東岸へ。

到着はAM5時。

南湖で時間を使いすぎた。

寝ちゃったら絶対に昼ぐらいまで意識不明の重体になってしまうので、そのまま寝ないで釣り開始。

 

おかしい、何も起きない

TDバイブレーションからスタート。

しかし、何もないまま時間は過ぎ、辺りは明るくなってきた。

そのタイミングでルアーをスピナーベイトにチェンジ。

選んだのはBカスタム 3/8オンス。

少し浅いシャローエリアを選択してたのでブレードはタンデムを選択。

まあ、予想通りというか、安定のノーバイト。

時間だけが過ぎて行ってしまう。

時計を見るとすでに7時前。

移動。

 

移動ついでに久しぶりのスピニングタックルを出してみた

ここまでやって夜中に釣った1本だけってのは、さすがに嫌だ。嫌すぎる。

ってことで、車に積みっぱなしにしてたスピニングタックルを引っ張り出してみた。

リールの回転が重たいが、まあ小魚たちと戯れるだけだと気にせず釣り開始。

 

まず使ったのは、硬いもので釣りたかったのでOSPアシュラを選択。

アシュラくらいならベイトタックルでも投げれるが、なにせヘロヘロなんで何とかして楽したい(笑)

 

アシュラより小さく見えるな。

ちなみにアシュラって92.5mmしかないのでお気を付けください。

 

こんなのがポコポコ釣れてくれます。

が、時間がたち、朝のプライムタイムが終了したらしく、バイトが遠のく。

 

伝家の宝刀、ゲーリーヤマモト カットテールを取り出す。

かなり久々の登場。

オフセットフックを使うこと自体が久しぶりすぎて、ワームがちゃんと真っすぐにならない。

が、気にしてられるほどの体力もない。

 

キャスト開始すると、まあ釣れる。

 

※写真撮影もめんどくさかったが、奇跡的に2枚撮っていたので載せときます。

 

釣れる魚のサイズがだいたいそろってる。

みんな今年生まれたバスだろうか。

サイズは一切測ってないが、推定でいうと55㎝あるなしくらいだと思われる魚が次々と釣れる。。。てへぺろ(・ω・)

※嘘です。すみません。

 

そしてAM8時30分。

ヒザがカクカクしだして、落水するリスクが出てきたので納竿。

 

帰ってきて風呂に入り、ギリギリでブログ記事を書いてます。

若干のナチュラルハイで書いてますので誤字脱字がありましたら、優しく見守っておくだけにとどめておいてください。

読み返してチェックする余裕すらないので、僕は寝ます。

 - 釣行記2017年10月

Translate »