北湖で流行りの?ヘビキャロに挑んでみる@琵琶湖バス釣り 2017年10月21日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

北湖で流行りの?ヘビキャロに挑んでみる@琵琶湖バス釣り 2017年10月21日

   

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから10/19までの戦績。
【60UP】2
【50UP】58
【50未満】242
【釣行回数】161

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

励みになりますので、よろしければコメントを残していってください。

また、間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。

 

 

今日は朝一の暗いうちは南湖へ。そして明るくなってから北湖西岸の海のサーフを思わせるようなロケーションの浜へヘビキャロをやりに行ってきました。

ヘビキャロ初心者です。

「やったことは、何度かある」程度の練度ですので下手くその部類に入ります。

7月にデイゲームで行った場所で、その時はデスアダーリザードのテキサスで50UPを上げてます。

※過去に写真です(笑)

その時の記事はこちら。

北湖で50UP!琵琶湖が育むクオリティーフィッシュ@7月1日

 

まずは南湖のボイル打ち

初っ端から北湖に行って、釣れない魚を相手にするより、まずは確実に魚に触ろうと選んだのは南湖西岸。

現地着は4時30分。

すでに駐車スペースには4~5台の車があり、先行者多数。

雨も降ってなく、台風前だからか少し気温が高めのコンディションだからでしょうか、人だらけです。

 

まだまだ暗いうちからスタートできましたが、あちこちベイト跳ねまくりのボイルしまくり。

簡単な釣りだと甘く見て、まずはTDバイブレーション スティーズカスタム65S-Gを早巻き。

 

なぜかのノーバイト。

 

ルアーが弱すぎるかとイヴォーク2.0にチェンジ。

ボイルしまくってるってことは、魚は上を見てるはず。

ゆっくりスローリトリーブで巻いてみるが、またしてもノーバイト。

 

舐めすぎたか。

 

で、そのままイヴォーク2.0で早巻きにチェンジ。

ウィードに当てて、切って浮上させず、またすぐ巻いてを繰り返すと。

 

ゴリゴリ巻いてる時にドン!

45くらい。

 

またしてもゴリゴリ巻いてドン!

40後半。

 

とにかく高活性で、ゴリゴリ巻いたイヴォーク2.0にバイトが集中。

巻きの秋って感じ。

 

この後も、同じようなサイズをイヴォーク2.0で連発しましたが、写真撮ってません。

追加できたので5~6匹だと思います。

まだ暗い5時くらいから6時くらいまでの1時間程度。

バスはボイルしまりで、アホになってました。

しかし、明るくなりボイルもおさまってしまいチン。

最高の1時間でした(笑)

 

移動先は今日のメイン、北湖西岸の浜

風なし、波なし。

人間が釣りをするコンディション的には最高ですが、釣れるかって言ったら、無風ベタ凪はキツイ。

ただ、そういう時でもヘビキャロはイイと思う。

僕があまりヘビキャロをやらないのは、下手くそだからってのもありますが、とにかく一投ごとに時間がかかるから。

投げて巻くだけの単純なのが好き(笑)

 

しかし、その場の状況に合わせて釣らなきゃ上手くなれんだろってことでヘビキャロの練習をしてきました。

 

ヘビキャロのいいところは、ナチュラルに食わせの釣りができるってだけではありません。

本気で食わせたいなら、ノーシンカーが最強と思いますが、このヘビキャロ、やりこんでる人は気づいてると思いますが、リアクションに使えますね。

 

シンカーを何かに引っ掛ける。

抜く。

シンカーのスタックから抜けた上下運動に連動して、後ろのワームがハイスピードで追従する。

使うワームを選ばなきゃなりませんが、シンカーに追従したワームのダートアクションは、完全にリアクションバイトを誘うと思う。

ホッグ系のワーム使うならこのダートアクションは出ない。

ホッグ系を使うならステイを基本にやれば釣れると思う。

 

コンディションが悪いときとか、真昼間にやるならホッグ系。

少しでも魚が動いてるならストレート系でダートさせてリアクション。

こういう使い分けがいいんでないかな?

 

僕が今日選んだワームはデスアダー4in。いわゆるチビアダーってやつですか?

 

シンカーを引きずると、ウィードや岩に引っかかります。

で、抜けたときの動きヤバいですね。

 

その動きを意識してキャスト開始。

軽めの1/2オンスのシンカーを使ってましたが、めっちゃ飛ぶ。

軽めを選んだのは、今日はローライトだったので、止めず動かし続けたかったから。

適度に引っかかり、ストレスなくスムーズに動かすのがいいかなと1/2オンスを選択。

 

まあ、長々書きましたが、、、釣れませんでしたけどね(笑)

 

朝一の爆発、その後の嘘のような沈黙。

琵琶湖は簡単じゃありません(笑)

 

マスゲン氏を見た

今日行った釣り場で琵琶湖おかっぱりの動画を上げてるユーチューバーのマスゲン氏と、偶然ですが同じ釣り場に入りました。

マスゲン釣りチャンネル

 

プロ以外の釣り動画はあまり見ないので、「見たことある」程度で、よく知りませんので声はかけませんでした。

 

マスゲン氏の隣に入釣。

ヘビキャロ投げたり、ビッグベイト投げたりしてましたね。

 

で、マスゲン氏の隣に3人の若者が入釣。

 

僕→マスゲン氏→3人組と並んでキャストですが、僕と3人組は長靴すら履いてないスタイル。

マスゲン氏のみウェーディング。

 

しかし、マスゲン氏と3人組がめっち近い。

声をかけて入らせてもらったりしてたかどうかは不明ですが、近すぎてマスゲン氏が隣の人のラインが触れるんじゃないのかって距離。

 

マスゲン氏、場所を譲って少し僕の方へ移動してました。

もめるかな?とこっそり期待してましたが、なかなか紳士的です。

ので、マスゲン釣りチャンネルを紹介しておきます。

 

釣り場に入るとき。

お隣さんとの距離が近いなら挨拶して入りましょう。

お互いいい気持ちで釣りができますよ。

 

 - 釣行記2017年10月

Translate »