冬のバス釣りはチャンスは一瞬@2017年12月12日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

冬のバス釣りはチャンスは一瞬@2017年12月12日

   

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから12/7までの戦績。
【60UP】2
【50UP】64
【50未満】273
【釣行回数】186

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

このサイトは琵琶湖のバス釣りブログです。

夜釣りが多いですが、バス釣りをして、自分が感じたことや気づいたことをシェアしていこうと思ってブログを開設しました。

間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。




 

皆さん、いい釣りされてますか?

僕の釣り方、考え方をまとめた記事が現時点で二つほどあるので、紹介致します。

釣行記事ではない解説のみの記事ですが、有用な情報と自負してるモノです。

【苦手な方は必見!】クランクベイトの使い方、釣り方、考え方

【巻くルアーは苦手?】バイブレーション(リップレスクランクベイト)の使い方(釣り方、考え方)

 

 

23時30分をまわった帰り道。

道路に表示された温度計は0℃。

 

TDバイブレーションのリフト&フォールでバイト

現地着は21時30分。

まあまあの西風爆風。

昨日よりは少しマシかな?

冬の爆風・TDバイブレーションのリフト&フォール@2017年12月11日

 

最近ハマってるTDバイブレーション スティーズカスタム72S-Gからスタート。

 

 

今日は昨日までと違って、リフトを早くし、フォールはテンションをかけずにストンと落とす作戦。

いわゆる普通のリフト&フォールです。

 

選んだ場所は冬らしく風裏

特に爆風の時は風が何かに遮られて当たらない場所が強いと思う。

そういう場所は、そもそも水辺にアクセスできなかったり、水辺まで出れても木などが邪魔でキャスト出来なかったり。

 

なので、その風裏で風が当たらないような場所に通じるブレイクや、ウィードなどを釣っていくと、通り道になってる事があるので、冬はそういう場所選びがキモになると思います(*^ω^*)

 

リフト&フォール難し

ロングキャストからのリフト&フォール。

リフトを早く短くして、すぐにラインテンションを抜く。

何度目かのフォールでバイト。

というか、テンション抜いてるのでバイトに気付かず、リフトの時にモサッと重たくなった。

 

おっしゃ魚だ!

とファイト開始するも数m巻いたところでバレちゃいました。

 

無理矢理に口を使わせると、ホントこういうのは多いよね。

使ってるロッドがダイワのブラックレーベルFMシリーズを使ってるんですが、ちょっとこの釣りに合わんのか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ ブラックレーベル FMシリーズ FM-701MFB (大型商品)
価格:21081円(税込、送料別) (2017/12/13時点)

 

 

掛かり所が悪ければどんなロッドを使おうがバレはあるんでしょうが、もう少しよく曲がるロッドが必要と感じてます。

コンポジットロッドじゃなくグラスロッドがいいんだろうか?

難しいね。

 

チャンスは一瞬でワンバイト、ノーフィッシュ

冬はこういうバイトチャンスは何度もありません。

そう。デコっちゃいました_:(´ཀ`」 ∠):

という事で、タイトル(アイキャッチ画像)に使ってる絵は過去に釣った写真をアプリで油絵風に変換したもので、昨日釣れたわけではないのです。

 

はぁー、今日も寒そうだけど頑張ろ(笑)

 

 - 釣行記2017年12月

Translate »