*

【55cm!】TDバイブレーションの不人気カラー@2017年12月15日

   

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから12/12までの戦績。
【60UP】2
【50UP】64
【50未満】273
【釣行回数】187

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

このサイトは琵琶湖のバス釣りブログです。

夜釣りが多いですが、バス釣りをして、自分が感じたことや気づいたことをシェアしていこうと思ってブログを開設しました。

間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。




 

皆さん、いい釣りされてますか?

僕の釣り方、考え方をまとめた記事が現時点で二つほどあるので、紹介致します。

釣行記事ではない解説のみの記事ですが、有用な情報と自負してるモノです。

【苦手な方は必見!】クランクベイトの使い方、釣り方、考え方

【巻くルアーは苦手?】バイブレーション(リップレスクランクベイト)の使い方(釣り方、考え方)

 

 

昨日の釣りではMSバイブを投入し、ルアーに助けられた。

deps MSバイブのパワー@2017年12月14日

岸際の岩に当てながらリアクションで釣った魚で、再現性に乏しい。

連発したり、あるいは別のエリアでも通用するかと言ったら疑問。

ベイトに絡んでるわけでもなさそうなので再現性はなさそうと判断。

 

で、今日はTDバイブレーションの65サイズが手持ちに無くなってたので、いつも釣りに行く前に寄らせてもらう釣具屋さんへ。

 

湖西は雄琴付近にあるキャッチ&アングラーズさんです。

バスキャッチ&アングラーズ堅田

 

まあここの店の気にくわない点としたら、TDバイブレーション スティーズカスタムが品薄。

このカラーしかありません。

しかも72サイズは売り切れで、一切なし。

不人気色ってことでしょうが、売れ残りであと4つくらい残ってましたよ。

 

レッドクロー(アメリカザリガニ)

で、今日のお題はTDバイブレーションの不人気カラーであるレッドクローに焦点を当ててます。

 

 

ルアーの形はとうぜん全部一緒です。

アメリカではこのレッドクローや、模様はこのままで青いブルークローの人気があるらしいです。

でも、ここ日本ではリアルフィッシュなカラーが人気色で釣具屋さんに行っても、アユやハスなどのリアルなカラーものが多く、よく売れてるようです。

 

ここで重要なのは「皆が買っているカラーは、それだけ湖でキャストされている」ということです。

見極めが肝心で、皆が買うのは釣れてるからなのか、人気があるってことで買う人が多いなのかです。

 

レッドクローなどの赤系ルアーは春に強いと言われてます。

なんで春以外の季節は不人気カラーとして売れ残ってます。

 

yk的にはこれはウハウハ状態。

 

赤いルアー大好きです。

赤やチャート、青に真っ黒など、なるべく自然界にない色を好んで買います。

で、そんなカラーばかり投げてます。

 

派手であればあるほどいいと思ってます。

何と言っても投げてる人が少ないので。

※北湖のクリアウォーターは少し違いますが

 

リフト&フォール

現地着は20時30分。

いつも通りですが、TDバイブレーション スティーズカスタム65S-Gを上のレンジから下まで、探りを入れていきます。

 

3時間ノーバイト。

 

途中あちこち移動してみましたが、まったくダメ。

 

少し感じているのは23時前後あたりから、一瞬だけフィーディングに入るときがあると感じてます。

なんでその時間なのか?わかりませんが、バイトが集中する時間があります。

それ以外は何やってもダメ。

 

今日もその時間を迎え、西風が当たらない、冬の風裏になるスポットへ入釣。

風は全然なかったが、冬にはこういう場所が強い気がします。

風がなくてもその時間に入ってくるんだと思います。

もしかしたら、ずっとそこにいるけど、ベイトがそのくらいの時間に接岸してるかもしれませんね。

 

ルアーは変えずTDバイブレーションのレッドクロー。

 

この場所へ入りなおして数投目。

ただ巻きからリフト&フォールに切り替えた瞬間でした。

キャスト→1回目のリフト→着底

この着底で少しステイを入れてみました。

 

ボトムにルアーが着底するのが早かったという違和感。

たぶんウィードの真上に落ちたんだと思います。

で、ウィードトップにルアーが乗ったから着底が早く感じたんだと思います。

そこからのステイ。

2~3秒放置したら、ゴツンとバイト。

着底してるルアーをウィードごと吸ったんだと思います。

 

丸飲み!

ルアーがめっちゃ小さく見えるし、拳がすっぽり入っちゃう口のデカさ(笑)

 

55㎝あるね。

 

うれしくて重さも量っちゃいました。

 

一瞬で終わる冬のフィーディング

そこからさらに追加を狙いキャスト続行。

で、リフト&フォールに連チャンでバイト、、、、が乗ってすぐバレ。

こいつもまあまあデカそうだった。

 

で、あえなく沈黙。

 

ほんと冬は一瞬で終わってしまうよね。

写真撮影に時間を使いすぎた感じがあるので貪欲に獲りにいってればよかった(笑)

 

レッドクローというカラーを毛嫌いする皆様。

固定概念を捨てて一歩踏み出せば、めっちゃ釣れますよ(笑)

 

 - 釣行記2017年12月

Translate »