冬はリフト&フォール?スローロールでしょ@2018年1月15日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

冬はリフト&フォール?スローロールでしょ@2018年1月15日

   

 

どーも。ykです。

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

このサイトは琵琶湖のバス釣りブログです。

夜釣りが多いですが、バス釣りをして、自分が感じたことや気づいたことをシェアしていこうと思ってブログを開設しました。

間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。

 

琵琶湖のゴミ問題について、僕ができることを考えた記事です。

暇があったら見てください。

【バス釣りでもゴミ問題】琵琶湖のメジャーフィールドのカネカ裏

 

夜釣りにおける危険とマナーについて、書いてみました。

【琵琶湖】夜釣りにおける危険とマナー問題について

 

皆さん、いい釣りされてますか?

僕の釣り方、考え方をまとめた記事が現時点で二つほどあるので、紹介致します。

釣行記事ではない解説のみの記事ですが、有用な情報と自負してるモノです。

【苦手な方は必見!】クランクベイトの使い方、釣り方、考え方

【巻くルアーは苦手?】バイブレーション(リップレスクランクベイト)の使い方(釣り方、考え方)

 

 

前回釣行では、岸際バイトを拾えるも、フックを伸ばされるという情けない結果で惨敗。

冬丸出しの琵琶湖でデイゲーム@2018年1月13日

 

ナイロンラインに変えたことでフッキングが甘かった。

そして、ルアーのフックをデフォルトから変えず横着したってのが原因でのバラし。

 

まずは琵琶湖への感謝のゴミ拾いから

あまりブログ上では書かないことが多いんですが、僕は釣りに行った際はなるべくゴミを拾うようにしてます。

 

釣りに行く前にコンビニにより、コーヒーやらタバコやらを買い、店員さんが「袋入れますか?」と聞いてくるので、「お願いします」といい、袋をもらいます。

 

これを腰からカラビナでぶら下げながら釣りして、ゴミに気づいたら拾ってます。

 

右の腰からコンビニの袋、左の腰には赤いランディングネットをぶら下げてる人がいたら、それは僕かもしれません(笑)

 

声をかけて頂いたら、愛想よく神対応しますが、ブログには、その出会いを書かせてもらいます(笑)

 

昨日もラインやらペットボトル、ルアーのパッケージなど、いくつか目につくものを拾いました。

木にごちゃごちゃに絡まったラインです。

水鳥などが、このラインに絡まって死んでたりなど見ることがあります。

「なるべく」ではなく、絶対捨てないで下さい。

 

下手くそで、ライントラブル。

それは僕もたまにやらかすのでわかります。

今回は僕が、拾っておくし、早いとこ上手くなるか、上手くなれないならトラブったら捨てずに持って帰って下さい。

 

ナイロンライン

今日も引き続き、ナイロン16LBで釣行。

 

 

前回釣行から引き続きこのラインで釣行です。

前回はナイロンの伸びを計算に入れず、無念のフックオフわ経験しました(笑)

 

いやいや、久しぶりにナイロン使ったんで、フロロからの違いを忘れてたってのが正確な理由かな?(笑)

 

これに変えたのは次項に出てくるルドラを使いたかったから。

 

OSPルドラ130SP

こいつね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーエスピー ルドラ 130 サスペンド OSP RUDRA 130SP 【1】
価格:2052円(税込、送料別) (2018/1/16時点)

 

 

本来、ルドラのフックは新品の状態では3つとも#4が付いてます。

 

今回、僕がやったセッティングは前から#5、#4、#4です。

 

1番前のフックをワンサイズ小さいものに変えてます。

 

これでナイロンラインを使ったら、たぶんジャストサスペンドになるかな?と思ってのこと。

 

しかし、スナップ無しの直結びではスローフローティングになってました(笑)

たぶんスナップ付けたらジャストサスペンドになりそうです。

 

まあ面倒なのでそのままスタート。

 

ジャークアクションからの、超ロングポーズ。

ポンプリトーブからの釣行ロングポーズ。

 

出ません(笑)

 

スローフローティングがダメだったか?(笑)

面倒というか、たんにスナップを忘れたので、次回また試してみます。

 

リフト&フォール

定番中の定番である、バイブレーションのリフト&フォールで攻めてみる。

 

ここで、ナイロンラインの恩恵に気づきました(遅い?)

 

ラインをナイロンに変えたおかげで、リフトすると、かなり跳ね上がります。

ボトム着底後にナイロンラインなので水に浮きます。

その状態でリフトするので、バイブレーションが上へ上へと引っ張られ、かなり上下に動くことがわかりました。

フロロとの使い分けなんかをしたら、その時の状態のバスに合わせたアジャストができるんでないかい?

 

まあ釣れませんでしたが。

 

スローロール

なにやっても出ません。

困りました。

 

って事で、僕といえばシャローだろ!と選んだのは水深1mも無いようなシャローエリア。

 

1〜1.5mへ落ちるブレイクがらみ。

 

この浅さで、リフト&フォールしてもなんだかなぉて事で、スローにボトムを舐めまわすように引いてみる。

 

ブレイクラインにはハードボトムがあり、ゴツゴツしてる。

 

めっちゃ出そう。

 

スローロールを繰り返して、ボトムの何かに触ってもリトリーブスピードを一切変えず、ゴミを拾ってしまったら、切らずに回収。

 

ようはリアクション的な動きを一切させずにスローロール。

 

ハードボトム付近でヌンと重たくなるバイト。

 

あまりに「ただ重くなった」だけなので、魚かどうか半信半疑(笑)

 

が、怪しいものは全部合わせるのが基本として頭にあるので、そのままロッドは動かさず巻き合わせ。

重みが十分になったところで、ロッドを立てて追い合わせ。

 

なんと言っても伸び伸びのナイロンラインなので(笑)

 

こういう失敗してすぐ修正できるのが天才ですよね(*´ω`*)

 

 

40ギリギリくらいで、小さいですが嬉しい一本。

 

天才すぎるわ。

 

はい、すみません。

 

Twitterでの出来事

ところで、私事ですがTwitterをやってます。

で、たくさんの方からフォローしてもらい、それだけで嬉しい限りなんですが。

 

depsのプロアングラーである「木村健太プロ」と「前田純プロ」からフォローされました。

 

フォローされた事に気付いた瞬間は、オシッコ漏らしそうになりましたが、木村健太プロから、「カネカの記事見ました。今後も発信お願いします」的なコメントをもらいました。

 

カネカの記事はこれね。

【バス釣りでのゴミ問題】琵琶湖の超メジャーフィールドのカネカ裏

 

たくさんの方が見に来てくれて、参加にして頂けているようです。

また、このようにプロのアングラーの方からも見てもらえるようになってきてます。

 

少し、、、というか、かなりビビってますが(笑)

今後も釣果だけではなく、いろいろなこと(ネガな部分も含め)を発信していこうと思ってます。

 

2018/1/1から1/15までの戦績。
【60UP】0
【50UP】1
【40UP】4
【40未満】0
【全釣行回数】12
【デコった釣行】7

 

 - 釣行記2018年1月

Translate »