ルアーローテーションと移動の重要性@2018年4月3日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

ルアーローテーションと移動の重要性@2018年4月3日

   

 

どーも。ykです。

さてさて、本日もチョイ釣りに行ってきました。

前回釣行は、わりかし早めに仕事が終わって少し長めの釣りが出来ました。

か、ルドラでは出せず、バイブレーションを投げたら釣れたっていう結果となり、少しずつ季節の進行を感じた次第。

春の琵琶湖のおかっぱり、プリパスにバイブレーションをハメる@2018年4月2日

 

今回は、仕事から家に帰ってくるのが遅くスタートも遅かったので、目標はワンバイト・ワンフィッシュ。

 

 

1投目からズドン

現地着は22時30分。

昨日の釣りで、ルドラ130SPでは出なくなった事から季節の進行を感じてました。

 

 

といっても春は日替わりでパターン的なものが変わるのでルドラとバイブレーションのローテーションはした方がいいとは思ってます。

 

で、昨日感じたバイブレーションへの可能性の高さを再確認するため投げたのは、信頼のTDバイブレーション スティーズカスタム72S-W。

 

春を感じたくて、カラーはリバースクロー(笑)

 

そして、1投目。

ラインを濡らして、スプールに水を入れる為のプリショットルーティンとしてる1投目の捨てキャスト。

※プリショットルーティンについてはこちらの記事

早春の雨、激変する状況にバスの行動を観察するため調査へ@2018年3月8日

 

軽くチョイ投げして、ラインを水につけてリーリング。

戻ってきたTDバイブレーションに足元でガツンとバイト。

 


チャイチーじゃないすか(笑)

38クラス。

けど1投目からズドンときたので、いきなりワンバイト・ワンフィッシュは達成。

 

ルアーローテーションと移動

僕の場合の話をします。

釣りをしてて、釣れた後にいつも思うことです。

ルアーローテーション直後にバイト

ルアーを変えた直後の1投目。

バイトが出る事があります。

これは今まで魚に見せてたルアーが、別のルアーに変わる事でバスの大好きな「変化」が生まれるからと思ってます。

風が吹きだしたタイミングや、雨が降りだしたタイミングなど、気象的な「変化」でもバイトが出る事がありますが、釣り人側も変化を作る事ができます。

その釣り人側が意図的に作る「変化」の中で簡単に誰でもできるのがルアーローテーションでしょう。

 

移動直後にバイト

移動もルアーローテーションと同様に、直後のバイトが多いですね。

散々ルアーをローテーションして打ちまくり、出なかったのに、少し立ち位置変えただけでバイトということもあります。

何かしらの変化でバスの反応が変わるなら、釣り人側も次々と変化を出した方が釣れるんじゃないでしょうか。

 

で、1本出た後にすぐ小移動。

からの、ここでも1投目からズドン(笑)

またしてもチャイチーなバス。

こちらも38クラス。

 

今日はチャイチーな日かな?

 

ルアーを拾う率が高い

ここ最近、本当に多いんですが、ルアーが釣れる現象。

そのほとんどは水中に沈むラインに絡まって、そのラインを手繰り寄せると、その先にルアーがついてるっていう感じ。

Bカスタムチャターです。

これにも30mくらいのラインがついてました。

投げた後に手元で切れたんでしょうか(笑)

 

この場所は先行者がいて、帰った直後に僕が入れ替わりに入った場所です。

その先行者さんのルアーでしょうか(笑)

ありがたく頂いておきます。

 

 

バスの釣り方の基本を書いた記事です。

バスが釣れない人が読むべき、七つの約束ごと【初心者向け】

 

琵琶湖のゴミ問題について、僕ができることを考えた記事です。

暇があったら見てください。

【バス釣りでもゴミ問題】琵琶湖のメジャーフィールドのカネカ裏

 

夜釣りにおける危険とマナーについて

【琵琶湖】夜釣りにおける危険とマナー問題について

ポイントを晒すYouTuberについて

【初心者にこそ見てほしい】YouTuberの方がポイントを出して問題になってること

 

2018/1/1から4/3までの戦績。
【60UP】1
【50UP】7
【40UP】34
【40未満】7
【全釣行回数】54
【デコった釣行】21

 

 - 釣行記2018年4月

Translate »