OSPルドラとPDチョッパー&アンモナイトシャッド@琵琶湖バス釣り 2017年3月23日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

OSPルドラとPDチョッパー&アンモナイトシャッド@琵琶湖バス釣り 2017年3月23日

      2017/06/09

どーも。ykといいます。

琵琶湖西岸に住み、夜な夜な琵琶湖にバスを釣りに行っては、ノーバイトくらって酒に溺れる日々を過ごしてます。そして二日酔いで会社は遅刻です(笑)

琵琶湖でナイトバッシング(夜釣り編)

さてさて1回目の釣行は春のナイトバッシング。

20時ころ南湖西岸でスタートフィッシング。
無風で湖面にはたまにベイトがピチピチしてる状態でいい感じですが、その時点で先行者は5〜6人(笑)やっぱり皆さん冬の間は釣れない釣りをしてたから少しでも釣りたいんだね〜、俺も同じだよ〜と、よくわからない仲間意識を芽生えさせながらサスペンドミノーを投げました。

早春は昼も夜もデカいサスペンドミノー

俺の浅はかな経験から、低水温期の春はサスペンドミノーのジャークがいい感じてます。あちこちで釣れてる話は聞くし、釣具屋に走って買いましたよ(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オーエスピー ルドラ 130 サスペンド OSP RUDRA 130SP 【2】
価格:2052円(税込、送料別) (2017/3/24時点)

 

OSPルドラ130SP(サスペンド)

秋のジャークベイトパターンのように激しくバシバシではなく、優し〜〜くジャークがコツです。
ラインを張って緩めてのやさしいジャークを2回ゆっくりとやり、そしてロングポーズ。

ジャーク時はラインがパシパシ鳴らないように、左右のダートアクションではなく、移動距離少なめにその場でヒラ打つ感じがいい。

まずは一本目

と言うことで、優しくジャークしてると、ポーズ時に俺にバレないようにルアーをスーっと持っていこうとするヤツが釣れてくれた。

ガッツリと下から食上げてきたようなバイトでサイズは30あるなし。
オスなのかな?上下のアゴに針が刺さって取れないわけ(笑)

ってことで同じアクションを繰り返してると、おんなじようなサイズがポロポロと遊んでくれ、まったく釣れなかった冬の厳しかったときを思い出しほっこりなりました。

このユルユルの優しいアクションは強すぎると個体の小さなオスのバスがきてしまいます。

PDチョッパー&アンモナイトシャッド

釣りたいのは春のプリスポーンバス(笑)というわけでスコーンを投げて見ます。

 

 

 

初めて使うルアーな訳で、

使い方わかんない訳で、

とりあえずリフト&フォールでウィードとハードボトムを感じながら巻いてみます。

無です(笑)

リフト&フォールではないらしので、パヤパヤはえてるウィードのトップをゆっくり丁寧に引いてみます。

と、ピックアップしようかなーくらいで、岩にコツンとあたり、スタックさせないためにロッドを立てたら鬼バイト(笑)

45アップの細長いヤツ。

でもこれメスじゃないよね(笑)

オスはどうやらリアクションぎみのアクションにくるらしい。

その後はあれこれやって続かず、雨がパラっときて風が出てきたので寒くて納竿。

オスの反応はすこぶるいい。数釣りも出来るけど、この時期のメスバスは気難しく手ごわいです。

タックルデータ
ロッド:メジャークラフト BENKEI BIC-69MH
リール:アブガルシア REVO ELITE CB
ライン:Machinegun Cast ナイロン14LB

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●メジャークラフト ベンケイ BIC-69MH ベイトモデル (1ピース)
価格:10098円(税込、送料無料) (2017/3/24時点)

 

 

応援よろしくお願いします

バス釣りランキングへ

 - 釣行記2017年3月

Translate »