琵琶湖オカッパリ:雨と霧によるローライト 2017年4月8日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

琵琶湖オカッパリ:雨と霧によるローライト 2017年4月8日

      2017/04/12

どーも。ykです。

土曜日も当然ながらの出撃。
天気は雨で、風がないため琵琶湖は霧に包まれてました。

日本最大級のカスタムパーツ品揃え!ヘッジホッグスタジオ

現地着はAM5:30。先行者いまくりで入る隙間がありません(笑)
無理矢理藪こぎして入って行った先は海みたい(笑)

舐めても、しょっぱくないんだよね(笑)

•朝一は様子見のルドラ

とりあえずの40あるなし

こういうとき、バスはどこの付くのか。あちこちに散ってしまうといった印象。やっぱりキャスタビリティーに優れた、よく飛ぶルアーが吉と思います。
せっかく寝坊もせずにモーニングバイトを狙える時間なので選んだルアーは絶大な信頼を誇るルドラ130SP。
小さいバスが小魚を追ってボイルしてるのが見える。暖かくなったし越冬した小バスも出てきたってことでしょうね。

しかし、大きな魚からのバイトは得られず、時刻は7時を回ってしまいました。
雨のせいか何かが変わってしまったのか?魚の居場所がつかめません。

•ローライトは巻きか?

ik180をひったくって行った40up

小移動を繰り返し、あちこちルドラを打つも不発。

そこで使ったルアーはik180。ローライトだし、少しだけ雨の影響で濁っている水を見て、バイブレーションがクランクかなと。
バイブレーションでもよかったんですが、早すぎると追いつかないかなと思いクランクを選択。

これはIMAKATSUのシステムクランクのうち、だいたい1~2mを潜るシャロークランクです。
中古で買ったルアーなので詳細は分かりませんが、テネシーフラッシュというカラーと思います。

水中に沈む枝かなんかに触れてヒラを打った瞬間にバイト。
クランクのクランクによるクランクらしいバイトがでましたね。

•フィネスアプローチも必要だっつーこと

上記で書いた一本目を釣った後、しばらく釣れないタイムに突入。
いろいろやっても反応なし。
どうしたことかと思っていた矢先に、お隣に入ったおじ様が巨大魚と戦っている(笑)
柔らかそうなスピニングロッドが『つ』の状態になり、全然よってこない。しばらく踏ん張りながらようやくよってきた魚を見ると、明らかに60up。
しかも太すぎ(笑)
めっちゃ太い魚を、片足を湖面に突っ込みながら、なんとかかんとか釣り上げ、おじ様が震える手で計ると68!

デカすぎ(笑)

ほんの5m程度しか離れてない場所でやられましたわ。
まあ、釣りをしてれば相手は自然だし、いい時もあれば悪い時もある。素直に喜ぶおじ様を見て、俺も嬉しくなり、おじ様の携帯を受け取り、たくさん写真撮りました。この場を借りて心からおめでとうと言いたいと思います。

とまあ、おじ様がやっていた釣りは、フィネスアプローチ。おじ様の勇姿を見て、やっぱり時と場合によってはフィネスアプローチも必要と痛感しました。

当たり前のことなんだろうけどね。

さて、これを書いてる今は日曜日。仕事中にさぼりながら書いてるわけですが(笑)
夜釣りの一週間が始まりますわ~。

タックルデータ
ロッド:メジャークラフト BENKEI BIC-69MH
リール:アブガルシア REVO ELITE CB
ライン:Machinegun Cast ナイロン14LB

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●メジャークラフト ベンケイ BIC-69MH ベイトモデル (1ピース)
価格:10098円(税込、送料無料) (2017/3/24時点)

 

 

応援よろしくお願いします

バス釣りランキングへ

 - 釣行記2017年4月

Translate »