JACKAL・TN60マルハタサウンドのリアクション@琵琶湖バス釣り 2017年7月12日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

JACKAL・TN60マルハタサウンドのリアクション@琵琶湖バス釣り 2017年7月12日

      2017/07/17

どーも。ykです。

いつもご覧いただきありがとうございます。

またしても50UPが出てしまいました。

4日連続です。

自分でも「嘘だろ」の境地にあり、出来すぎです。

そろそろ不慮の事故で僕は死ぬかもしれません。

 

TN60マルハタサウンドのインプレ

現地着は20時。

早めに仕事を切り上げ、釣り開始。

今日はTN60マルハタサウンドオンリー。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジャッカル(JACKALL) TN60 スカルシェルマルハタ スパークギル
価格:1565円(税込、送料別) (2017/7/12時点)

 

 

バイブレーションオタクとして知られている(と思っている)ykですが、このルアーのヤバさに遅まきながら気づいてしまいました。

 

まずは音。

あんまり調べてないんでわかりませんが(笑)、中に入ってるラトルはガラスじゃないよね。

たぶんタングステン系の金属と思われます。

コトコトサウンドとは違うんですが、近いものがある。

少し高音で、風のない静かな湖面の状態ならルアーを巻いてると結構遠くから音が聞こえる。

ハイアピールってことなのか?

 

そしてリアクション性能。

バイブレーションをそもそもリアクションのルアーと思っているykですが、このTNシリーズやばいです。

止めたらストンと落ちてレンジを下げてくれる。

巻き抵抗は小さめですが、巻き始めの動き出しがいい。

少し浮きやすいが、リアクションをかまそうと思えば僕的にはマイナスにならない。

ようは、ストンと落として口を使わせたきゃ止める。ブルブル震えながら高速で水面に向かうベイトを演出したきゃ、ハイスピードのリトリーブorロッドをあおるアクションで演出できてしまう。

これが弱い力で簡単にできるのがいい。

 

岸際でデカいのがベイトを追い回してボイル

20時から約1時間。

あれこれ試しながらTN60を投げてると、21時過ぎくらいにさらっと風が吹き、スイッチが入ったのか岸際でボイル。

 

さっそく、まずはただ巻きで攻めてみるも反応なし。

ルアーを回収し、先ほどから試してたリアクションで仕掛けてみる。

 

「ツン」と優しいバイトがあるものらず。

じゃれただけか?

 

もう一回。

今度はオーバーリアクションぎみにロッドをあおって仕掛けると、、、

 

ズドン!

 

56㎝。

 

めっちゃ泥だらけ(笑)

釣りあげて、さっさと写真撮ってとしたいのに、暴れる暴れる。

 

おかげで手はボロボロ。

 

というか、年中無休で釣りしてて、特に初春から秋までは毎年のように手はこんな感じ(笑)

冬はあんまり釣れないので回復して綺麗になります。

 

ちなみに釣れた時間は昨日とまったく一緒の時間。

21時過ぎくらい。

この時間になんかあるんだろうか(笑)

 

場所移動して、まさかの子バス

一か所目が反応なくなり、早めに見切って移動。

移動先もシャローレンジ。

でも、岸際に投げるも反応なし。

着くストラクチャー、着かないストラクチャーがあるようだ。

けど、違いがわからん(笑)

 

沖にあるブレイクにフルキャスト。

ただ巻きでゴツン。

 

40ちょい。

 

ん~。

他の人はわからんが、僕の釣りでは、やっぱり沖にスクールしてるやつは小さい。

 

ここで実家から連絡が入り、あれこれ話してたら気持ちが切れてしまい納竿。

 

万が一、岸際のバスが消えてしまったら僕の釣りは終わってしまい、また一から探すことになる(笑)

この探すってこともバス釣りの楽しみの一つなんでしょうが、リスク分散はしたい。

明日からは新しいはめれる釣りを探す調査に時間を使おうかな。

 

21時前後は岸際がなぜか激熱なんで釣りこむとして(笑)

その時間以外は調査かな。

 - 釣行記2017年7月

Translate »