50UP出ました!ちょっとわかったかも@琵琶湖バス釣り 2017年7月17日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

50UP出ました!ちょっとわかったかも@琵琶湖バス釣り 2017年7月17日

   

どーも。ykです。

3/23サイトオープンから7月16日までの戦績。
【60UP】1
【50UP】38
【50未満】144
【釣行回数】92

今月に入ってバシバシと50UPを釣ってたんですが、ここ数日、厳しい感じで何も見えないまま今日を迎えてしまいました。

Twitterを見る限り、釣れてる人は釣れてるわけで、自分の腕の問題。

 

会社帰り、わらをもつかむ思いで、TN70マルハタサウンドを仕入れ、いざ実釣開始。

 

 

放水量、15t/sによる水面の上昇

簡単に言えば、放水量が最小に絞られて、南湖の流れは止まり、北湖から水が流れてきて水が増えてる状態。

まとまった雨も夕方に少し降った程度ですかね。

京都にいたんでわかりませんが、おそらく降ってないでしょう。

たんに放水を止めてることで、水位が上昇しただけと思われます。

 

現地着は20時。

水面を見ると、昨日までもっさりとあった抜けたウィードの塊がなくなってる。

水面もあきらかに上昇して、昨日まで水面から顔を見え隠れさせてた岩が見えなくなってる。

 

これは岸際を釣るチャンス

さっそくTN70マルハタサウンドを投げます。

 

状況を見て、自分なりの答えを出す

昨日までの状況と、今日の状況を見て、一つの僕なりの答えを言います。

流れ着いてしまったウィードは、水位低下により岩やボトムに乗ってしまい、風が吹こうが何をしようが動かない状態。

これが昨日まででした。

今日は、水位が上昇したため、ウィードが浮きあがり、風で流されたと思われます。

昨日までの状況で、水面から出てしまったウィードは腐り、ライトをつけるとコバエみたいのが、わんさか集まってくる。

そんな腐ったウィードに寄り付く魚(バスにせよ、ベイトフィッシュにせよ)なんかはいるはずもなく、昨日まではノーバイトの嵐だったんではなかろうかと思います。

 

今日は一転してバイトが出る

水位上昇、ベイトっ気もありました。

これはもしかしてバスも戻ってきてるのでは?と半信半疑でキャスト(笑)

そんな時に限ってすぐバイト。フッキングが甘く、足元でバレ。

 

怒りのあまり、スーパーサイヤ人に変身してまうとこでした。

 

バシャバシャやっちゃったんで、いったん場所を休ませるのと自分を落ち着かせるために、(-。-)y-゜゜゜。

 

5分後、再キャスト。

難なく40ちょいが釣れた。

 

岸際に沈んだ岩にコツンと当てたら、ひったくっていきました。

 

場所移動して、違う岸際へ

ここも隙あらばバスがよくついてるストラクチャー。

水深はたぶん50~80㎝。

ボトムは岩。

そんなところをスローにTN70を巻くんです(笑)

根がかりをビビってたら釣れません。ビビるけど。

 

で、移動して1投目からバイト。

岩から抜けて、反動で水面近くまで持ち上がったTN70に下からソフトにフワッと食いました。

すぐ近くに街灯?工場のライトがあるんで水面は丸見え。

岩の影から襲い掛かってくるのが見えました。

 

54㎝くらいかな。

 

ロケットみたいにドンと飛び出してきて、ルアーを下から吸い込むようにバイトし、一瞬止まってから反転。

 

ああやって食うんですね。

いいもん見れました。

 

フックがかかった場所も見えてたんで余裕でファイト。

難なくネットインしてゲットしました。

 

ここで西の空が時折、雷でバチバチと明るくなってます。

雨もパラつきだしたので、酸性雨が気になり退散。

 

早めの納竿としました。

 

いや~。釣れてよかったわ~。

 - 釣行記2017年7月

Translate »