調査のための短時間釣行@琵琶湖バス釣り 2017年7月21日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

調査のための短時間釣行@琵琶湖バス釣り 2017年7月21日

   

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから7/19までの戦績。
【60UP】1
【50UP】39
【50未満】148
【釣行回数】95

 

釣果がないので貼ってみました(笑)

 

 

7月20日はちょっと所要があり釣りはお休み。

7月21日は金曜日なため、土曜の仕事休みを利用したデイゲームに備え、南湖西岸を軽く調査。

ここ最近の釣果を左右する岸際の釣り。

ウィードがなければ高確率で釣れるはず。まだ西岸の水は綺麗だし可能性はまだまだあるはず。

 

やっぱりウィードが接岸して釣りにならん

ちぎれたウィードが固まって風に流されて接岸します。

7月21日夜は東寄りの風が吹いていて西岸は壊滅です。

けっこう吹いたんだと思われますが、濁りまで入ってるサービス付き。

夜なら濁ってようが、あんまり関係ないだろとスタートフィッシング。

 

思いのほかバイトがある

ワンド奥のシャローはハードプラグなんか投げれたもんじゃない(笑)

フロッグゲームが成り立つくらいウィードあるし。

ってことで、ワンド奥を見ただけであきらめ、水通しが少しでもよさそうなボディーウォーターに面してる岬状の地形に入釣。

早春に好んで入っていたエリア。

シャローも隣接していて、ブレイクがからんでるのでコンタクトスポットになりそうな場所。

今時期はダメかって言うと、そうではなくて、夏の夜の魚は、昼間はシェードに入って夜になると出てきて餌を食うためにシャローに追い込むと思っているから、最近はやってなかった場所。

 

ここも足元はウィードがもっさり。

沖には点々とウィードの塊が浮いてる状況。

 

バイブレーションでサーチを始めると、思いのほかバイトがある(笑)

 

足元のウィードを何とかせんと

バイトからフッキングまではいける。

が、しかし、足元のウィードが3mくらい沖までもっさり。

そのため、フッキングしていざランディングするときにバレちゃう。

3バイト、3ヒット、3バラシ。

 

バラした後はルアーにウィードがもっさもさのおまけ付き。

 

結論言っちゃうと

何かしらハードプラグじゃない、別のリグを使うなりしたら釣れると思います。

ランディングを考えて釣りすれば釣れるでしょうが、他にも釣り人がいたりするとどうしても限定されちゃうしね。

まあ今回は調査ってことで、発見が多々あったんで坊主でOK。

 

さっさと釣りを切り上げて、一路南湖東岸へ向かいました

これもただの調査。

デイゲームを東岸で過ごそうと考えてのこと。

というより、フロッグゲームがやりたいだけ(笑)

そのための下見だけに東岸へ行き、見るだけで見て帰ってきました。

美味しそうな場所を何か所か見て、土曜のデイゲームに備えます。

 

ここで、考えたプランは

・朝一は北湖西岸でヘビキャロを引いて激太のクオリティーフィッシュを出す

・AM中に大移動し、南湖東岸でフロッグゲーム

・休憩挟んで夕マズメ、一日の釣りを吟味し最後の場所を決める

 

7月22日デイゲームに続く。。。

 - 釣行記2017年7月

Translate »