状況一転、めっちゃ厳しいっす@琵琶湖バス釣り 2017年5月28日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

状況一転、めっちゃ厳しいっす@琵琶湖バス釣り 2017年5月28日

      2017/06/08

どーも。ykです。

5月27日(土)は早朝暗いうちから釣りをしていい思いをしてきたyk。
琵琶湖おかっぱり:爆ってもうたわぃ 2017年5月27日を参照。

短時間釣行で50upを2本入れての爆釣と言っていい釣りをしてしまったあと。

味をしめたとばかりに同じ場所へいそいそと行ってきました。
人間としてのヤラシサが出ている行動ですね。

が、状況一転で激渋。

開始は20時。

さすが日曜日の夜。
昼間はたくさんの人が釣りしてたんでしょうが、夜釣りしてるような変態は誰一人いません。

僕自身、今一番と思っている昼間は死ぬほど叩かれたであろうエビ藻が生えるエリアへ入釣。

3時間ノーバイト。

なんですかこれは。
こんな急激な状況変化ってあるでしょうか。
神様もそんなに嫌わなくてもイイじゃないですか。

実はサクッと釣って、新たにナイトラバージグの可能性を模索しようと思ってた矢先の完全ノーバイト。

ナイトラバージグとは、いま僕が考えたネーミングで、そんな言葉を発した人がいるかいないかはわかりませんが、元祖と言い切ってしまえば、そいつの勝ちみたいなところもあるので、僕が元祖と言っちゃいましょう。

オープンウォーターに1/2oz程度のラバージグをフルキャストし、ボトムの釣りを展開し、どデカイ魚を釣るっていう、そんな男らしさ満開の釣り。それがナイトラバージグ。

釣れるかどうかはやったことないんでわかりません。

夜にラバージグ投げてる人っていないよね。
釣れないからか?(笑)

ラバージグ=男らしさと思っている僕は以前から投げたいなと思ってたんですよ。

しかし、バイブレーションでサクッと釣ってラバージグに移行したい僕の思惑は完全にスカされ、20時から3時間のノーバイトですね。

しかし

23時に今日初バイト。
乗った!よっしゃ!

と、思った矢先。
ジャンプ一発でバレ。

どう考えてもこれ切腹モンでしょ。
3時間の集大成が、ジャンプ一発バレ。

そこからさらに1時間粘りました(笑)

そこで2発目のバイト。

よっしゃ今度こそと思うも、コイのスレがかりでした。

しかも、オーバーハングの中にグイグイいかれて、屁が出てしまうほどのトルク。
何もやらせてもらえず、ラインブレイク。

大変お世話になったTDバイブレーション スティーズカスタム72S-W レッドクロー?だっけかな?は殉職。

2回目の切腹チャンス到来ですね。

屁が出るか出ないかで、魚の大きさがわかるようになった。
そんな一コマでした。

どうにもならず、涙目になりながら、ここでようやく移動(笑)
時間は24時。判断の遅さが目に余るおこないですね。

二ヶ所目はTDバイブレーション スティーズカスタム65S-WのT.O.シャッド。

ここも僕的には有望な場所で、キャスト数投目でバイト。
ウィードにスタックさせて、抜けた瞬間に下から食い上げ。

無理やりも無理やり。
なんとか食わしたってとこですかね。

40ちょい。

いやいやいや。ギリギリで坊主回避。
危うくホントに切腹しちゃうとこでした。

バイトを取るだけでも大変。
状況変化が激しすぎて僕なんかではついていけません。

皆さんは日曜昼には良い釣りができましたでしょうか。
僕は相変わらずバカばっかりやってます。

 - 釣行記2017年5月

Translate »