色濃く残る台風の影響・鬼渋いんですが@琵琶湖バス釣り 2017年9月19日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

色濃く残る台風の影響・鬼渋いんですが@琵琶湖バス釣り 2017年9月19日

      2017/09/28

どーも。ykです。

2017/3/23サイトオープンから9/18までの戦績。
【60UP】2
【50UP】51
【50未満】206
【釣行回数】136

いつも当サイトをご覧いただきありがとうございます。

励みになりますので、よろしければコメントを残していってください。

また、間違ったことを言ってる可能性もあるので、気づいた点がありましたら、ご指摘お願いします。

ポロシャツが届きました。

荷物が届けられるってことで、自宅で荷物到着を待ち、出撃時間が少し遅くなってしまいました。

届いたのはこれ。

ポロシャツってやつでしょうか。

釣果記録をする携帯アプリであるアングラーズのエバーグリーンの大会で、スタッフの藤井さんに勝利した人に贈られるシャツらしいです。

どうもありがとうございました。

 

ワンバイト・ワンヒット・1バラシ・ノーフィッシュ

現地着は21時。

荷物到着を待って、遅めスタートです。

 

簡潔に言えば坊主です。

現在の琵琶湖ですが、激渋です。

もう少し、回復傾向にあるかと甘く考えてましたが、台風の影響と思われますが、まだまだ渋さMAXのようです。

まあ、選んだエリアがワンド奥のドシャロー。

雨で水が入れ替わって二日ですから、まだダメなんでしょう。

ベイトでも入ってきてれば面白いかなと思って行きましたが、生命感が皆無です。

 

使ったルアーは1mも無いようなシャローってこともあり、イヴォーク1.2を選択。

スローに岩やウィードなどのカバー系にコンタクトさせてもノー感じ。

シャカリキに早巻きしてたら40UPがリアクション気味に反応。

しかし、リアフック1本で口先ちょこっとのフッキングが見え、「うわ、これ無理なやつだ」と思いながら、ランディング体制に入るも、最後の最後にジャンプ一発でバレ。

 

40UPそこそこなら、そんなに騒ぐようなあれじゃないんですが、ノーフィッシュなもんであれですよね(笑)

 

イイこともありました

魚は釣れませんでしたが、ルアーが釣れました。

 

メガバス・POP MAXです。

あまりの釣れなさに、少し移動し、イヴォーク2.0を巻いてたら、ヌンと重くなり、こいつが釣れました。

 

いやいや、めっちゃ小さいバスかと思いましたわ。

メガバスルアーのクオリティーに舌を巻きました。

 

現地の生の声、情報収集

ライトリグをやってる方がいたので、声をかけてみました。

「釣れますか?」と聞いたら、「今日も坊主ですわ~ぐははは」と、なかなか豪快な方でした。

 

今日も、って話だったんで、よく来るのか尋ねたら、昨日も来て坊主だったらしいです。

よくやる釣りは、ネコ、ダウンショット、ノーシンカーとライトリグの三種の神器らしいです。

たまにヘビキャロを駆使して、沖の魚も狙うとのこと。

そんなライトリグをする方も坊主続きってことで、やっぱり激渋なんだと思われます。

 

どうにかしようとしたら

やっぱり一番回復が早いのはインレットだと思います。

琵琶湖で言えば、いわゆる流入河川。

北湖ではターンがあちこち起こる季節ですし、水は悪くなる一方。

いい水を探しての釣りが一番いいんでしょうね。

 

場所間違えたら坊主になっちゃうよってことでしょう。

 

まとめると、

・シャローにはリアクションに反応する魚はいるが、坊主覚悟

・ライトリグで食わせに行っても、エリア間違うと坊主になる

・頑張って投げてれば、POP MAXが釣れる(運しだい)

と、こんな感じでしょうか。

 

秋、冬はシャロー大好き人間にはなかなか厳しい季節です。

早いとこ、春になってくれんだろうか(笑)

 

ちなみに昨日は渋いながらも奇跡的に57㎝が釣れたので、そちらの記事を紹介して、終わりにしたいと思います。

50UP!台風一過、食い渋った時こそイヴォーク2.0のリアクションパターン@琵琶湖バス釣り 2017年9月18日

それでは、また明日。

 - 釣行記2017年9月

Translate »