夜中から午前まで@琵琶湖バス釣り 2017年6月3日 | 琵琶湖おかっぱりバス釣りブログ 逆に(釣果速報・釣り方解説)

*

夜中から午前まで@琵琶湖バス釣り 2017年6月3日

      2017/06/09

どーも。ykです。

本日は土曜日。本来仕事が休みな僕ですが、AM11時から少し用事があり、10時でストップフィッシングと決め出撃。
釣りをして魚のオイニーでサイクーなまま用事を済ませ、いま家に帰宅したところ。

当然ですが朝は出撃。
6月3日、AM3時30分に現地着(笑)

暗いうちからTDバイブレーションを投げ倒す。
反応はいまいちで、これは雷をともなうまとまった雨が原因と思われ。

というか、釣れないことはわかっての釣行。
魚がいるのは日頃の釣りでわかってるし、雨の後の激タフをあえて確認するための釣行。

ダメと分かりつつ、期待はちょっぴりだけしつつ行ってしまいました。(笑)

先週の土曜のAMフィッシングは参照記事※琵琶湖おかっぱり:爆ってしまったわけですが、今回も同じ場所。

開始から30分で待望のバイト。
ものすごいやる気のない「ツン」だけ。のらず(笑)

ルアーがよろけただけ、みたいなバイトなので気づかない人は気づかないでしょう。
そのくらいのショートバイト。
あきらかタフってますやん。

反応があったのは水中が隆起してハンプしてるところの一番高いところ。
ハンプしてるところのさらに沖に投げて、ボトムをとり、ボトムに沿ってゆっくり巻いてきたらボトムから切れた瞬間に「ツン」。

ずーっと着いてきてバイトしたのか、待ち伏せてたのか?

いったん別方向へキャストし、もう一度バイトがあったところでさらにゆっくりリトリーブすると今度は「ガツン」ときてくれた。

45くらいかな。細長い。

ルアー丸呑み。2回目は失敗しないように思いっきり吸い込んだんだろか。
そういう行動がかわいいよね。

そこから地獄のノーバイト3時間。

バイブレーション縛りと思って投げてたが、7時を過ぎ、さすがに疲れてきたのでライトリグへ(笑)

ヤマセンコー4inのノーシンカーで反応なし。
まったくやる気ない様子。

カットテールのネコリグへチェンジして久しぶりににゃんにゃん。

バイトには気づけませんでしたが、ボトムに引っかかったような違和感。
たぶん、くわえてから静か~に動かずジッとしてました。

20㎝あるか?(笑)

その後は何やるもダメで、用事があるので納竿。

夕方もう一勝負します(笑)

やってる最中と、帰り際に釣ってる方を二人ほど見ました。

一人目は、隣にいた若い男性で、良型を釣ってました。
もう一人は帰り際に少年が釣ってました。

若い男性はたぶんテキサス?ノーシンカー?
若い二人組さんだったんですがランディングの際に二人で協力し合い、ネットに入れようと頑張っていたので釣ったことに気づきましたが、45くらいだったと思います。
50ちょいいってんちゃう~、足震える。って言ってましたが、彼のメジャーでの計測の結果、50はなかったようです(笑)
めっちゃうらやましい。
釣りを始めてそれほどたってないと思われる二人組さんでしたが、「おかっぱりで50はなかなかないでー」って言ってました。
お二人を見て、あのくらいの時期が一番楽しかったな~。と今となっては魚が釣れる喜びに不感症気味になってる自分に気づきました(笑)
気を引き締めて見習います。

帰り際に見た親子のバサーは、少年が釣ってました。
釣った現場に出くわしたんですが、はちゃめちゃに興奮して「引っかかってたのが取れたと思ったらブワーって★し◇る■・・」何言ってるかわからないレベル(笑)
聞く限り、いわゆるスタックしたルアーが外れたときのリアクションでしょう。
40ないくらいの綺麗なバスでした。
クッソうらやましい。
少年が将来、今回のリアクションバイトを狙って取れるようになるよう願ってます。
この少年からも釣りの楽しさをあらためて気づかされました。

今日の夕方はリベンジです。

何言ってるかわからないレベルぐらい興奮してこようと思います。

人が釣ってた釣果すら無断で載せブログのアクセスを稼ぐハイエナのようなykです。
みなさんも僕には注意してください。ブログに載せられますよ(笑)

リアクションバイトか。
ヒントも少年からもらったし、夕方からのプランは、「出川哲朗さん」級のバス会のリアクション芸人を探してみようかな。
上島竜兵さんでもいいし(笑)

あ、ちなみに7時ころにバイブレーションの早巻きでリアクションバイトがありました。
載ってすぐバレ(笑)
参考までに。

 - 釣行記2017年6月

Translate »